ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

PS3の反転攻勢が始まる!?
4年越しの年末商戦に賭けるソニー

石島照代 [ジャーナリスト]
【第6回】 2010年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ソニーが、1億4600万台を売り上げた大ヒット家庭用ゲーム機「PS(プレイステーション)2」の後継機として、「PS3(60GBモデル)」をオープン価格(実売5万9980円)で発売したのが2006年。ブルーレイ再生機能も備えたPS3は、ハイスペックなエンターテインメントマシンとして大いに売れる予定だった。

 それから4年。価格バッシング(本体価格が高すぎるとの批判)も手伝って、PS3の全世界累計売上台数は3800万台(そのうち、日本は500万台以上)にとどまり、ソニーは苦戦を強いられ続けた。だが、最大の懸案だった価格が最安値モデルで2万9980円となり1年が経過、今年の年末商戦はようやく勝負になりそうな雰囲気がでてきている。

 任天堂は9月28日、今年の年末商戦の主役と目されていた携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売を来年の2月26日と発売した。

 これについて、あるゲームソフト会社幹部は「3DSの発売を2月にずらしたことの影響は、長い目で見ればたいしたことがない。だが、3DSが年末商戦を事実上スキップしたことは、ソニーにとっては最大のグッドニュースになった」と話す。つまり、年末商戦の主役の座が任天堂からソニーに回ってくる可能性が出たということだ。

 そして、ソニーの家庭用ゲームビジネス全般で考えても、年末商戦を勝ち抜く環境が整いつつある。特に、世界累計出荷台数が6270万台(うち、日本は1500万台)の携帯用ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」市場は、順調に推移している印象だ。

 市場を牽引しているソフトには、「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」 (スクウェア・エニックス)、「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」(コナミ)、 「ゴッドイーター」(バンダイナムコゲームス)、「初音ミク プロジェクト ディーバ 2nd」(セガ)などが挙げられる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧