ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!
【第2回】 2016年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
山川紘矢/山川亜希子

祈りが叶わなかった時には
叶わなかったことに意味があります

1
nextpage

悲しい時や苦しい時、心のままに祈ることには、現実的な効果がある。
祈るという行為自体が人にもたらす効果を知っておくと、辛い時の確かな助けとなる。
しかし、いくら祈っても祈りが叶わないこともあるが、それはなぜなのか?

祈ることで、
悲しみやつらさが癒される理由とは

 私たちは困難に出合ったとき、とてもつらい思いをしているとき、思わず天に向かって祈っていることがあります。

 おそらく、普段は「神などいない」とうそぶいている人でも、あまりに苦しいときには「神頼み」なのかどうか、思わず何ものかに向かって「助けて」と心の中で叫んだことがあるのではないでしょうか。

 そのようなとき、その人はたぶん、目に見えない存在に向かって祈っているのです。そして、「助けて」と叫んだとき、それまでいっぱいいっぱいだった心に、ほんの少し隙間ができます。すると、ほんの少しだけでも、その人の気持ちは楽になるのではないでしょうか。

 ましてや神、大いなる存在を少しでも感じている人たちの場合は、祈ることによって心が癒されていきます。つらさや悲しみでいっぱいだった心に少しずつ隙間ができてきて、そこに愛のエネルギーがしみ込んでくることで、その人を癒してくれるのです。

 その祈りがそのまま聞き届けられるかどうかは別として、祈るという行為そのものが私たちに愛をもたらし、癒しをもたらしてくれるのです。それによって、私たちはつらい状況が緩和され、その状況から抜け出す力を与えられるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


山川紘矢/山川亜希子 

山川紘矢(やまかわこうや)1941年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省(現・財務省)に入省。1987年に退官し、亜希子夫人とともにスピリチュアル書の翻訳に携わるようになる。著書に、『輪廻転生を信じると人生が変わる』(ダイヤモンド社)などがある。

山川亜希子(やまかわあきこ)1943年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵省勤務の夫とともに海外生活を経験し、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどの勤務を経て翻訳に携わる。著者に、『人生は、奇跡の連続!』(大和書房)などがある。

二人の共訳書には、ベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』『聖なる予言』『アルケミスト』『前世療法』『ザ・シークレット』をはじめとして多数がある。


困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!

誰もが神社やお寺にお祈りしに出かけたことがあるだろう。試験の合格祈願、新年の初詣、仕事の成功や病気の快癒を祈りに…など。なのに、祈りなんて気休めにすぎないと思ってはいないだろうか。実は海外では、大学などの研究機関で真剣に祈りの研究がなされていたりする。科学ではいまだ説き明かされていない現実があることと、それを人生に活用してみることをお勧めしたい。

「困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!」

⇒バックナンバー一覧