ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
家を買う!妻とのケンカを乗りこえて

マイホームを賢く購入するためのマニュアル本はたくさんあるが、現実はなかなかうまくいかない。マイホーム取得には夫婦の合意が不可欠だからだ。家探しから契約、入居、買い替えの過程で、多くの夫婦が一発即発の危機を体験している。「女房は一体なにを考えているのか」とぼやく男性のために、実例を交えながら夫婦の危機回避の心得を紹介しよう。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「家を買う!妻とのケンカを乗りこえて」の全記事一覧
  • 最終回 夫婦ゲンカの末に最良の選択
    カギを握るのは「信頼できる他人」 

    [2010年09月01日]
    マイホーム探しで物件を絞り込むうち、夫と妻の意見や好みが合わずに険悪な雰囲気に…。よくある話である。しょせん不動産に関して“しろうと”の2人なのだから、多くの場合時間の無駄。信頼できるメンターを探そう。

  • 第11回 マイホーム探しを休日のお楽しみイベントにするコツ 

    [2010年08月02日]
    家を買うのに、夫婦ゲンカが避けられないというわけではもちろんない。工夫次第で、マイホーム探しは快適なミニイベントになる。では、どうすれば…? 経験に裏づけられたそのコツと考え方を先輩に教わろう。

  • 第10回 物件を見に行く前に「意識」は共有できているか 

    [2010年07月08日]
    夫婦として長年連れ添っている“相方”であっても、その価値観のすべてがわかっているとは言いがたい。男と女には埋められない思考回路の溝も…。だから、マイホーム探しの前に改めて踏まなければならない手順があるのだ。

  • 第9回 男は「将来と過去」、けれど女は「今」が大事 

    [2010年06月10日]
    「今が売りどき」と、マイホーム売却を考えていたとしても、妻が猛反対する…、そんなケースが少なくない。一方、子育てが終わった団塊の世代では、「家」に対する考え方が男女で逆転するケースが多い。

  • 第8回 資金援助はありがたいけど…
    親はやっぱり「金も出すが、口も出す」 

    [2010年04月30日]
    最近、分譲マンションのモデルルームや住宅展示場では「母親つき」カップルが増えている。新婚カップルだけではない。30代、40代の娘と母親という組み合わせも少なくない。

  • 第7回 人間関係も“資産価値”
    マイホーム選びに冴える「女の第六感」 

    [2010年04月08日]
    人が集まれば、意見の対立は当然出てくる。マンション内の対立は家族も巻き込んでしまう。近所関係がうまくいかないと日々の暮らしが楽しくないばかりか、小さなことも大きなトラブルになりかねない。

  • 第6回 しっかり者の妻が豹変!?
    マイホーム買い物症候群とは 

    [2010年03月16日]
    マイホーム取得時は、お札に羽がはえたようにバサバサとお金が飛んでいく。多くの場合、その使い手は妻のほう。日常のサイフと違って、とめどもなくサイフのヒモが緩む「マイホーム買い物症候群」にかかってしまう。

  • 第5回 買いどきは、妻が「ほしい!」といったとき 

    [2010年02月16日]
    雑誌や新聞などで、「マイホーム取得、今がチャンス」といった特集記事がよく組まれる。ところが、長い目で見るとタイミングによる損得ってそれほどないのである。

  • 第4回 あなたのその言葉が妻を切れさせる 

    [2009年12月28日]
    小さなお金の損得に敏感なのが、多くの女性が持つ性質の一つと言える。家の買い替えで「小さな損」が出てしまったとしても、極力それを知られないようにすべき。逆に「大きな得」を強調することが成功につながる。

  • 第3回 妻に「小さな損」を知られるな 

    [2009年11月30日]
    小さなお金の損得に敏感なのが、多くの女性が持つ性質の一つと言える。家の買い替えで「小さな損」が出てしまったとしても、極力それを知られないようにすべき。逆に「大きな得」を強調することが成功につながる。

  • 第2回 妻とは家の中の「ワンマン社長」なのだ 

    [2009年10月23日]
    マイホームを巡る夫婦の意見の食い違い。その多くが「男は論理、女は感覚で判断する」という男女の違いにある。これを助長するのが、会社と違って家庭では意志決定プロセスや上下関係が曖昧なこと。 マイホーム選びで一番多いのが「情報収集と資金計画などのお膳立ては夫、決めるのは妻」というパターンだが、これって何かに似ていない? そう、社長と部下の関係である。 「周到な準備」と「的を射たプレゼン」。ビジネスもマイホームも成功のポイントは同じだ。

  • 第1回 データや論理で妻を説得できると思うな 

    [2009年10月02日]
    マイホームを買う際に「妻を説得するのは、どんなクライアントを説得するより難しかった。心身ともに消耗しましたよ」という声がある。「男は論理、女は感覚」。この違いに気づかないと一向に夫婦の意見はまとまらず、ストレスが高じるばかりだ。資産価値、面積、間取り、管理状態など、住宅の購入に至るまでにチェックすべきポイントは数多い。だが、これらの条件をクリアしたとしても、妻にNGをくらうことがある。女性の鋭い「感覚」――これは強敵だ。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事