ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

2012年頃に登場し、わずか5年で100万社以上の企業が導入している「クラウド会計」。GmailやDropboxがあたりまえのようにビジネスの現場に普及しているように、今後、会計・請求・給与・経費精算などのバックオフィス系だけでなく、 顧客管理や在庫管理などあらゆる経営リソースがクラウド化していくことは間違いないと見られている。本連載では、クラウド会計をどう活用するか、企業の事例を中心に『会計事務所と会社の経理がクラウド会計を使いこなす本』(ダイヤモンド社)の著者の3人の税理士がインタビュアーとなって紹介する。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「「クラウド会計」は経営の生産性をどれだけ上げるのか?」の全記事一覧
  • 第5回 経理が「情報の倉庫業」から脱皮すれば経営が変わる 

    [2017年02月20日]
    「攻めの経理」を実現するには、決算に向けて数字をまとめる従来の姿ではなく、付加価値のある情報を経営者に発信する「情報の製造業」、やがて過去、現在、未来のストーリーを含めた情報を経営者に伝える「サービス業」に脱皮する必要があります。

  • 第4回 2月末まで!IT導入補助金で中小企業の経営が変わる 

    [2017年02月10日]
    「働き方改革」という言葉をよく耳にするようになりましたが、その解決策の1つとしてITの活用があります。今回は、中小企業や小規模事業者の生産性の向上を目的とした「IT導入補助金」をご紹介します。

  • 第3回 地方の小さな企業こそクラウド会計の導入が効く! 

    [2017年01月31日]
    少子化による人材不足や事業承継の問題が深刻な地方企業こそ、クラウド会計を導入によってメリットを享受しやすい。企業へのクラウド会計導入に豊富な経験をもつ、会計事務所兼コンサル業を営む高島氏によると、ITにあまり詳しくない高齢の経営者でも興味を示しているという。

  • 第2回 会計を変えて売上2倍に!従業員9人のキムチ店が変貌した理由 

    [2017年01月27日]
    クラウド会計の導入によって社長の時間を捻出することに成功し、浮いた時間を事業の拡大に活用した企業事例を紹介。ITに疎い企業でも正しい「手順」を踏めば円滑に切り替えることができるという。

  • 第1回 「クラウド会計」に弱い税理士と付き合ってはいけない理由 

    [2017年01月13日]
    クラウド会計の導入により、大きくコスト削減した企業事例を紹介。特に「年商20億円」までの会社が効果を出している。現金取引が多い業種にも対応でき、他部署と兼任する経理担当者の業務負担も減らせる。これからの経営者はクラウド会計に精通している税理士かどうか見極める必要もある。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事