ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系金融の終わり

世界同時金融危機からユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックに、激変する金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「外資系金融の終わり」の全記事一覧
  • 第5回 社会主義化した国際金融の世界 

    [2012年09月28日]
    最近のマクロ経済の重要なトピックに金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が、発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

  • 第4回 外資系投資銀行の「日本化」 

    [2012年09月27日]
    最近のマクロ経済の重要なトピックに金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が、発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

  • 第3回 顧客との利益相反を象徴する
    投資銀行の株式調査部 

    [2012年09月26日]
    最近のマクロ経済の重要なトピックに金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が、発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

  • 第2回 「年収」3000億円 

    [2012年09月25日]
    最近のマクロ経済の重要なトピックに金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が、発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

  • 第1回 20代で上場企業の社長並みの年収になった 

    [2012年09月24日]
    最近のマクロ経済の重要なトピックに金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が、発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR