ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系金融の終わり
【第1回】 2012年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢数希

20代で上場企業の社長並みの年収になった

1
nextpage

世界同時金融危機からユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックに、激変する金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

外資系金融機関の給与水準

 僕が最初に書いた本『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)のなかで、貧乏な研究者だった僕の給料が2年目で大学教授の給料を軽く超えた、と書いたのだが、じつは3年目で僕の給料は日本の多くの上場企業の社長の給料を超えていた。そんな外資系金融機関の給与水準というものがどういうものだったのか、ここでくわしく説明しよう。

 人によってぜんぜん違うのだけれど、フロントオフィスに採用された新人の年収は、1年目はだいたい600万円~800万円のベースと、ボーナスが100万円~300万円ぐらい。2年目で、700万円~1200万円ぐらいのベースと、ボーナスが300万円~1500万円ぐらい。3年目ぐらいで大きく差がつくのだが、これぐらいの経験年数でヘッドハントされて他社に移籍すると、ベース1500万円以上で、ボーナスが1000万円~3000万円ぐらいになっている。外資系では基本給のことをベースサラリーといい、これを12で割った金額が月給として支払われる。これに年1回のボーナスというのが基本的に外資系の給与のしくみである。

 つまり、運が良ければ新卒で年収1000万円超えるし、新卒から3年目でJリーガーよりも給料がかなり上で、一軍のプロ野球選手よりもちょっと下ぐらいになっているのだ。日本の上場企業の社長の年収は平均すると3000万円ぐらいなので、入社3年目で上場企業の社長よりも給料が高くなっていたりする。

 しかし、新卒から伸び悩む人もいて、アシスタント的な仕事を長時間やらされ続け、トータル年収1200万円ぐらいで足踏みしている出来の悪い人もたくさんいたし、実力がないのにクソみたいな雑用を奴隷のようにこなさない反抗的な人は、だいたい会社を辞めさせられていた。

 2006年や2007年のバブルのピーク時には、アメリカの名門大学のファイナンス学科で博士号を取った学生には、初年度から2000万円ぐらいの年俸を提示していた。インターンとして僕のデスクに来ていた中国人の青年は、カリフォルニアのバークレーで金融工学の博士号を取っていた。彼は、他の投資銀行からクオンツとして初年度2000万円のオファーを提示されていて、僕はちょっと驚いた。さすがに実務経験がゼロの新卒に2000万円のオファーというのは、なかなかすごいと思った。彼はどうしてもトレーダーになりたいらしく、クオンツのオファーを保険にして、他の投資銀行からトレーダーのオファーを得ようと就職活動を続けていて、僕たちのデスクに来ていたのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤沢数希 (ふじさわ かずき)

欧米の研究機関にて、理論物理学の分野で博士号を取得。科学者として多数の学術論文を発表した。その後、外資系投資銀行に転身し、マーケットの定量分析、トレーディングなどに従事。 おもな著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(ダイヤモンド社)、『反原発の不都合な真実』(新潮社)がある。
主催するブログ「金融日記」は月間100万ページビュー 。 http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/
ツイッターのフォロワーは7万人を超える。 @kazu_fujisawa

まぐまぐ、夜間飛行、BLOGOS(ブロゴス)から配信される有料メールマガジン『週刊金融日記』は日本有数の購読者数。


外資系金融の終わり

世界同時金融危機からユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックに、激変する金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

「外資系金融の終わり」

⇒バックナンバー一覧