ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系金融の終わり
【第2回】 2012年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢数希

「年収」3000億円

1
nextpage

世界同時金融危機からユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックに、激変する金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

多様化するヘッジファンド

 僕たち外資系投資銀行の若手サラリーマンが数千万円の年収で浮かれていたころ、世界のヘッジファンド業界は膨張を続けていた。

 ヘッジファンドというのは、富裕層や機関投資家などの限られた投資家から資金を集めて運用する資産運用会社だ。不特定多数の個人投資家向けに投資信託を売ったりする資産運用会社には、さまざまな報告義務や監査義務、また運用方法に関する規制が課せられているが、資産運用に関する知識を有する投資家しか勧誘しない、限られた人数からしか資金を集めない、などの条件を満たせば、さまざまな規制が免除され、あらゆる金融商品に投資できる。ヘッジファンドとは、このような私募ファンドである。

 ヘッジというのは、リスクヘッジのヘッジなのだが、もともとの意味はマーケットの上下にかかわらずパフォーマンスを出し続ける、つまりマーケットの変動リスク(これをベータリスクという)からヘッジされている、というような意味である。もちろんベータリスクを取らない運用をしているところも多いのだが、逆にベータに賭けているところもあり、その辺は本来のヘッジファンドの意味は薄れている。

 また、戦略によっては市場の方向そのものに賭ける。ジョージ・ソロスが1992年にポンドを売り浴びせたときはヘッジなど必要なかったし、ジョン・ポールソンが2008年にサブプライムでできたCDOをCDSで空売りするときもヘッジなどしなかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    藤沢数希 (ふじさわ かずき)

    欧米の研究機関にて、理論物理学の分野で博士号を取得。科学者として多数の学術論文を発表した。その後、外資系投資銀行に転身し、マーケットの定量分析、トレーディングなどに従事。 おもな著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(ダイヤモンド社)、『反原発の不都合な真実』(新潮社)がある。
    主催するブログ「金融日記」は月間100万ページビュー 。 http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/
    ツイッターのフォロワーは7万人を超える。 @kazu_fujisawa

    まぐまぐ、夜間飛行、BLOGOS(ブロゴス)から配信される有料メールマガジン『週刊金融日記』は日本有数の購読者数。


    外資系金融の終わり

    世界同時金融危機からユーロ危機に至る最近のマクロ経済の重要なトピックに、激変する金融業界の“赤裸々な内幕”を織り交ぜて解説する『外資系金融の終わり』が発売直後から大きな反響を呼んでいる。本連載ではそのメインテーマともいえる外資系金融機関の「報酬」と「組織」、そして金融システムの変化について、藤沢数希氏に解説してもらう。

    「外資系金融の終わり」

    ⇒バックナンバー一覧