ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ゴールドラット博士が 『ザ・ゴール2』に込めた思い

エリヤフ・ゴールドラット博士が20歳の時に立てた人生の目標――それは、『世の中の人に「考えること」を教える』というものでした。そして、その目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。
『ザ・ゴール』が世界的ベストセラーとなった後、博士はTOC(制約理論)を単なる生産管理の理論から、あらゆる問題解決に応用できる「思考プロセス」へと発展させ、『ザ・ゴール2』を発表しました。博士が『ザ・ゴール2』に込めた思いを、側近中の側近だった岸良裕司氏が明かします。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「ゴールドラット博士が 『ザ・ゴール2』に込めた思い」の全記事一覧
  • 第3回 充実した意義ある人生を送るために 

    [2016年04月18日]
    エリヤフ・ゴールドラット博士は20歳の時、『世の中の人に「考えること」を教える』という目標を立てました。「人は明晰に考えられるようになれば、充実した意義のある人生が過ごせるようになる」と考えたのです。そしてこの目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。

  • 第2回 がんばっているのに成果が出ない 

    [2016年04月11日]
    エリヤフ・ゴールドラット博士は20歳の時、『世の中の人に「考えること」を教える』という目標を立てました。「人は明晰に考えられるようになれば、充実した意義のある人生が過ごせるようになる」と考えたのです。そしてこの目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。

  • 第1回 あなたの人生の目標は? 

    [2016年04月04日]
    エリヤフ・ゴールドラット博士は20歳の時、『世の中の人に「考えること」を教える』という目標を立てました。「人は明晰に考えられるようになれば、充実した意義のある人生が過ごせるようになる」と考えたのです。そしてこの目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。

ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR