ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ゴールドラット博士が 『ザ・ゴール2』に込めた思い
【第1回】 2016年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
岸良裕司 [株式会社ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO]

あなたの人生の目標は?

1
nextpage

博士が20歳の時に立てた人生の目標

“What is your goal in your life? ”――代々、ゴールドラット家では、「お前の人生の目標は何だい?」と問いかけて子育てをするのが習わしになっています。

 エリヤフ・ゴールドラット博士も幼い頃から事あるごとに問われ、必死になって考えました。そして20歳の時、『世の中の人に「考えること」を教える』という目標を立てました。

 なぜ、この目標に至ったのでしょうか。その理由は「人は明晰に考えられるようになれば、充実した意義のある人生が過ごせるようになる」と考えたからです。

 そして『世の中の人に「考えること」を教える』という目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。

『ザ・ゴール』(原題:The Goal)が世界的ベストセラーとなった後、博士はTOC(制約理論)を単なる生産管理の理論から、あらゆる問題解決に応用できる「思考プロセス」へと発展させ、『ザ・ゴール2』(原題:It’s Not Luck)を発表しました。

さらに進化させた「思考プロセス」

 博士は「思考プロセス」を三段階にわたり進化させてきました。

 最初に「思考プロセス」が開発されたのは、『ザ・ゴール』の出版後、『ザ・ゴール』がベストセラーになった後の1988年のことでした。

 当時は、<ジョナ・コース>と名づけられ、『ザ・ゴール』の主人公アレックスの恩師ジョナのように、生産改善を教えられるようにするプログラムでした。

 第二の進化は、この『ザ・ゴール2』が発刊されるのと同時に、1991年にスタートした<ジョナ・プログラム>です。これは、ジョナのように考え、組織の問題解決ができるように開発されたものでした。

 そして第三段階は、2008年に出版された『ザ・チョイス』(原題:The Choice)で描かれたように、充実した意義ある人生を過ごすための「思考プロセス」までに飛躍的に進化させました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



岸良裕司 [株式会社ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO]

1959年生まれ。株式会社ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO。日本TOC推進協議会理事。TOCをあらゆる産業界、行政改革で実践し、活動成果のひとつとして発表された「三方良しの公共事業改革」は、ゴールドラット博士の絶賛を浴び、2007年4月に国策として正式に採用された。成果の数々は国際的に高い評価を得て、活動の舞台を日本のみならず世界中に広げている。08年4月、ゴールドラット博士に請われて、ゴールドラット・コンサルティング・ディレクターに就任し、日本代表となる。そのセミナーは、わかりやすく、実践的との定評がある。著書に『全体最適の問題解決入門』『「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする』(以上ダイヤモンド社)などがある。
 

 


ゴールドラット博士が 『ザ・ゴール2』に込めた思い

エリヤフ・ゴールドラット博士が20歳の時に立てた人生の目標――それは、『世の中の人に「考えること」を教える』というものでした。そして、その目標は、『ザ・ゴール』シリーズを通じて発展し、実現していくことになります。
『ザ・ゴール』が世界的ベストセラーとなった後、博士はTOC(制約理論)を単なる生産管理の理論から、あらゆる問題解決に応用できる「思考プロセス」へと発展させ、『ザ・ゴール2』を発表しました。博士が『ザ・ゴール2』に込めた思いを、側近中の側近だった岸良裕司氏が明かします。

「ゴールドラット博士が 『ザ・ゴール2』に込めた思い」

⇒バックナンバー一覧