ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐藤一郎のパースペクティブ

分散システムの研究を核としつつ、ユビキタス、ID、クラウド、ビッグデータといった進行形のテーマに対しても、国内外で精力的に発言を行っている気鋭のコンピュータ・サイエンス研究者が、社会、経済、テクノロジーの気になる動向について、日々の思索を綴る。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「佐藤一郎のパースペクティブ」の全記事一覧
  • 第15回 大規模すぎる個人情報の漏洩がもたらす深刻な影響 

    [2014年07月23日]
    通信教育大手「ベネッセホールディングス」の子会社「ベネッセコーポレーション」において、大規模な顧客情報が漏洩する事件が起きた。国勢調査に基づく人口推計で未成年者以下の半数の方の個人情報が漏洩したとも推計できる大規模なものだ。その大規模さゆえに、現在検討中の制度見直しに与える影響も懸念される。

  • 第14回 技術と制度が不可分になる時代 

    [2014年06月24日]
    先週、個人情報保護法の改正に関わる大綱がまとまった。筆者は昨秋以来、内閣官房の「パーソナルデータに関する検討会」委員として、この議論に深く関わってきた。技術者が法改正という制度設計に関わることにした理由は、ITが社会にもたらす課題は、もはや技術そのものでは解決できないという思いからだった。

  • 第13回 ビッグデータとID――統計手法や分散処理基盤に頭を悩ます前に知っておくべきこと 

    [2014年04月08日]
    コンピュータは物理世界をそのまま認識することはできない。物理世界の対象の代わりになるのがIDである。IDの割り当てが不適切だと、分析にならないか、非常に手間がかかる。実際、ビッグデータといわれている事例は、ID付けに失敗しているがために、処理が“ビッグ”になっているだけのことが少なくない。

  • 第12回 クラウドの再定義を促す、Infrastructure as codeという新しい考え方 

    [2014年02月19日]
    いまや企業の基幹システムがパブリッククラウドで利用される時代。クラウドコンピューティングはその普及とともに、位置付けや使い方も大きく変化している。今回はInfrastructure as codeという注目の技術を中心に、情報システムの進化と現実社会への含意について考える。

  • 第11回 ビッグデータからIoT(モノのインターネット)へ 

    [2014年02月05日]
    今年に入って、IT系のメディアでは、ビッグデータに代わって、IoTやM2Mというキーワードが目立っている。いまIoTが注目される背景には、SNSやネットゲーム、ECなど、ネットの世界のデータへの活用が中心だったビッグデータから、現実世界のデータの活用に関心が移ってきたことがある。

  • 第10回 街中の自販機が教えてくれる、
    ビジネスデータ分析の勘どころとは? 

    [2013年10月16日]
    小売業などでは、出店先の商圏を調査するためにデータ分析のニーズがある。例えばショッピングモールにテナントを出すうえで、フロアーの顧客比率を調べたい。またはオフィス街の店舗などが近隣企業の社員構成などを調べたいというものだ。皆さんならばどのようなデータをどのように分析するだろうか?

  • 第9回 クラウド、モバイル、セキュリティが激変する!?
    チップスケール原子時計の影響力 

    [2013年08月13日]
    半導体技術を使ったチップスケール原子時計の製品化が進んでいる。超高精度で時刻を測定できる原子時計の小型化と低価格化が進むことで、サーバなどの高性能コンピュータに原子時計が内蔵されることは十分想定される。それは従来のネットワークのあり方をも変える技術となるかもしれない。

  • 第8回 民主主義の手段としてのオープンデータ 

    [2013年07月16日]
    昨今、にわかに行政オープンデータに関する議論が増えている。そもそも、データは使ってこそ価値があるわけで、行政機関が持っているデータで、公開してもいいデータは積極的に公開すべきだ。ただ、昨今の議論は近視眼的で、行政の負担を上げ、本来の可能性を閉ざすものになりかなねない。

  • 第7回 ビッグデータと国勢調査――その意外な結びつきの話 

    [2013年07月02日]
    世界で一番古いビッグデータの事例の一つは19世紀末の米国の国勢調査でしょう。米国の国勢調査は、日本を含めて多くの国の国勢調査の原型であり、民主主義に不可欠な基盤です。この最古のビッグデータの集計作業を高速化するための手段が、ITの誕生にも大きな影響をあたえました。

  • 第6回 新しい酒は新しい革袋に
    ――アップルの知られざるiPhone戦略 

    [2013年06月04日]
    iPhoneやiPad向けのソフトウェア開発では、それまであまり使われていないプログラミング言語が主に使われている。アップルはマイナーな言語を選択した方が、新しいデバイスにふさわしい新しいアプリケーションが集まると考えていたのではないか。

  • 第5回 3DプリンターとGoogle Glassの共通点とは?――未来の技術トレンドを確実に予測する方法 

    [2013年05月21日]
    3DプリンターとGoogle Glassの共通点とは? どちらも発明自体は約20年前なのに、いまになって話題になっているということ。特許が足枷となり、有益なのに製品化ができなかった技術が、特許の有効期間切れとともに市場が広がるケースは少なくない。

  • 第4回 不揮発性メモリがもたらすコンピューティングの変化は、日本が世界をリードする好機にできる 

    [2013年05月13日]
    世界で一番速いスーパーコンピュータの研究開発も重要だが、不揮発性メモリでは国内の半導体研究は東芝をはじめとして世界をリードしている。それに加え、世界的にいまだ手付かずの不揮発性メモリ向けのソフトウェア技術の研究でも日本が先行できれば、産業的な効果は非常に大きいはずだ。

  • 第3回 DRAMの終焉――消えないメモリがもたらす大変化 

    [2013年05月09日]
    新しい技術の登場によって、主流の技術が無用化したり、逆に思いもよらない応用が広がることがある。そうした大きな変化を起こしうる技術として、不揮発性メモリが注目されている。技術的限界を迎えつつあるDRAMを代替する次世代メモリとして、コンピューティングにどのような影響を与えるのだろうか。

  • 第2回 スマホ+タブレットが「ポストPC」たりえない理由 

    [2013年04月23日]
    PC(パソコン)の時代の終焉は近いと、しばしばささやかれるようになっている。では、その次に来るポストPCとはどのようなコンピュータなのだろうか? スマートフォンなのか、それともタブレットなのか。先のことはわからないが、それらが、ポストPCになるためには不可欠な要件がある。

  • 第1回 【新連載】「ムーアの法則」に迫る経済的限界
    ――プロセッサ動向から読む、スマートフォン市場競争の行方 

    [2013年04月09日]
    最新の高性能スマートフォンに搭載される集積回路は、最小加工寸法(プロセス)が細かいほど、集積度が上がり、駆動速度も早くなり、駆動電流も全般に低くなる。だからメーカとしてはなるべく細かいプロセスのものを搭載したいのだが、そうしたプロセッサを供給できる工場は限られている。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事