ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【特別寄稿】東京理科大学大学院イノベーションレビュー

あれほど強かった日本企業がなぜ――。半導体、エレクトロニクス産業の現状を見て、そんな思いを抱く人は多いだろう。この疑問を解くカギが技術経営(MOT)である。日本企業復活の出発点は、過去の失敗を正しく認識し、そこから学ぶ姿勢を持ち続けることだろう。今回、その学びを先導してくれるのが、東京理科大学大学院イノベーション研究科研究科長の伊丹敬之教授である。伊丹教授の誌上講義を、3回シリーズでお届けする。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「【特別寄稿】東京理科大学大学院イノベーションレビュー」の全記事一覧
  • 第3回 技術経営の視点から日本企業の強みを考える 

    [2012年12月13日]
    閉塞感の漂う日本の産業界。「最後の砦」とも目される自動車産業は、今後も日本を支え続けることができるのか。また、エレクトロニクスに代わりうる産業は育っているか。日本企業が成長を目指すためには、“敗因”分析のみならず、強みを再確認することが重要だ。

  • 第2回 責任と覚悟を持って技術を判断できる
    マネジャー層の厚みが企業の実力 

    [2012年11月29日]
    前回は、苦境に立つエレクトニクスメーカーを題材に、日本企業における技術経営の問題点を探った。伊丹教授からのメッセージは「現場に任せよ」。それが無秩序な「任せっ放し」に変質しないためには、微妙なさじ加減が求められる。そこで今回は、「いかに任せるか」について考えてみたい。

  • 第1回 日本の経営者に最も足りないのは
    「現場に任せる勇気」である 

    [2012年11月15日]
    あれほど強かった日本企業がなぜ――。この疑問を解くカギが技術経営(MOT)である。日本企業復活の出発点は、過去の失敗を正しく認識し、そこから学ぶ姿勢を持ち続けることだろう。東京理科大学大学院イノベーション研究科研究科長の伊丹敬之教授が、その学びを先導してくれる。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事