新興国投資 2012年9月7日

[木村昭二のどんとこい!フロンティア投資]
暑いぜ砂漠、熱いぜエジプト経済!
個人投資家は投資不適格の今こそ注目だ

中東や北アフリカにも商圏が広がる
投資のタイミングは通貨切り下げ後か!?

 証券取引所の歴史は古く、アレクサンドリア証券取引所が開設されたのは1883年のことです(ちなみに東京証券取引所の前身である東京株式取引所が開設されたのは1878年です)。

 その後1903年に「カイロ証券取引所」が誕生、2つの市場が統合された「カイロ&アレクサンドリア証券取引所」となり、現在は「エジプト証券取引所」という名称になっています。

 なお、2008年には中小企業向け市場「NILEX」(ナイレックス)がスタートしており、これは日本における「ジャスダック」「マザーズ」に相当します。

エジプト証券取引所を訪問。現地証券会社経由ではアポがとれなかったが、受付で「日本からわざわざ見に来ました!」と言うとすんなり中へ招かれた。なんだ入れるじゃん!途上国ではよくあること (Photo:©木村昭二)

 上場企業数は全212社(うちNILEX22社)、時価総額は約561億ドルです。相場を主導するのは、ロンドン証券取引所にもADRで上場している、オラスコム建設、オラスコムテレコム、EFGエルメス投資銀行、コマーシャルインターナショナル銀行。この4社でエジプト証券取引所全体の時価総額の、実に 1/4を占めています。

 が、個人的にはこれから内需が伸びていくことを期待して、家電やトイレタリー分野の地場企業に注目しています。ちなみに同国最大の家電メーカーであったオリンピック・グループは、2010年10月にスウェーデンの家電メーカーであるエレクトロラックス社に買収されています。

 カイロ郊外には新興住宅地が作られ、新しいマンションが次々建設されている様子も見ました。また、大企業は中東から北アフリカにかけた広い商圏を持っています。将来はアフリカ全土のGDPの半分がエジプトとナイジェリアで占められるというレポートもある程で、経済圏の大きさとその広がりに底知れぬパワーを感じました。

カイロの衛星都市セタック・オクトバール(左)では、新築マンションがどんどん建設中。エジプトの人口の多さに圧倒される。カイロから4時間半のオアシスの街バフレーヤ(右)は8世紀から続く街並み (Photo:©木村昭二)

 あとは投資のタイミングですが、中東・北アフリカ地域には、現状でもかなりの欧州の投資マネーが入っています。欧州危機が再燃して投資マネーが撤退すれば、経済成長が停滞してしまうのは避けられそうにありません。

 さらに、エジプトは外貨準備高が相当に不足しつつあり、近々通貨の切り下げが行われるのではないかと言われています。とりあえずエジプトポンドへの換金は、通貨切り下げを待ってからでも遅くはないかもしれません。

 投資する個別銘柄については、今回、証券会社から大量の銘柄レポートをもらってきたので、これからじっくり研究しようと思います。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。