ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

マイクロソフト、体感型ゲーム市場参入で
悲願の“日本市場形成”へ
泉水敬 執行役常務インタビュー
「我々はKinectでゲーム業界の新しい幕をあける」

石島照代 [ジャーナリスト]
【第7回】 2010年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

マイクロソフトが2001年に「Xbox」で家庭用ゲーム機市場に参入して、来年で10年になる。2005年に発売された後継機「Xbox 360」はワールドワイドで4500万台の市場シェアを獲得し、欧米では「プレイステーション3」を擁するソニーとほぼ互角の戦いを展開しているが、日本では約135万台と苦戦中だ。明日11月20日に発売される、Xbox 360用体感型ゲームシステム「Kinect(キネクト)」でマイクロソフトは念願の市場拡大ができるのか。Xbox事業を統括するマイクロソフト執行役常務の泉水敬氏に話を聞いた。

石島:ゲーム機ビジネスがひとつの地域で成立するには、最低でも500万台普及していることが必要だと言われています。Xbox 360の日本国内シェアは現在約135万台ですので、このまま現状が続きますと、流通関係者もマイクロソフトの商品棚を維持することが難しくなりそうです。

泉水敬(せんすい・たかし)
1964年神奈川県生まれ。1986年プリンストン大学工学部卒。コロンビア大学で経営学修士(MBA)取得。リクルート等を経て、 2002年にマイクロソフト入社。Xbox 事業本部マーケティング本部長、執行役 ホーム&エンターテイメント事業本部長を経て、2010年現職。

泉水:確かに日本市場での我々のシェアは他に比べて低い状況です。しかし、それでも我々はXboxの魅力をお伝えする努力を今後も続けていきますし、11月20日に発売されるXbox 360用の新しいゲームシステム「Kinect(キネクト)」は、その努力に値する魅力が十分あると考えています。

 その根拠は、「コントローラを使わないで遊ぶ」という体験がもたらす驚きが、我々の予想を超えているからです。石島さんも多分そうだと思いますが、キネクトを見るまでは、コントローラを持たずにゲームを遊ぶ日が来ることを想像できなかったでしょう?

石島:ええ、全く想像できませんでした。私は任天堂のフィットネスゲーム「Wii Fit Plus」ユーザーなので、コントローラを持たずに遊ぶ楽しさはすでに体験していますが、さすがに“何にも触れずに”遊べます、と言われると驚くしかありませんでした。

泉水:私もです。初めて米国本社でキネクトに触ったとき、大変驚きました。「これが新しいゲームの歴史を作るんだな」と、体が震えたことを覚えています。ただ、キネクトを「コントローラを使わずにユーザーの身振りや音声で操作する新しいゲームシステム」と言っても、私たちが感じた楽しい驚きは伝わりにくいですよね。

 まずは、たくさんの方にキネクトに触っていただき、楽しい驚きを一緒に分かち合いたい。結果はその後に自ずとついてくるのではないでしょうか。キネクトはきっと、Xboxビジネスの結果においても、うれしい驚きをもたらしてくれると信じていますよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧