ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
J.D. パワー  Ranking&Analysis

新車品質ランキング!軽で「燃費」の不満急増

川橋敦[オートモーティブ部門シニアディレクター]
【第18回】 2016年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2016年8月25日、J.D.パワーは、国内で6回目となる「2016年日本自動車初期品質調査(Initial Quality Study:略称IQS)」を発表しました。新車購入後2~9ヵ月経過したユーザーを対象とした本調査では、メーカーによる品質改善の成果が表れ、「使いづらい」「不便」といった設計に起因する不具合が減少しました。

使い勝手や利便性の評価が
前年と比べて大きく改善

 新車購入後に感じる不満は、「壊れた」「動かない」といった深刻なトラブルから、「カップホルダーが使いづらい」「スイッチが不便」といった細かなものまで多岐にわたります。

 そのような不満を聞き取り、新車の品質についてまとめているのが、当社の「日本自動車初期品質調査(Initial Quality Study: 略称IQS)」です。

 調査は、ユーザーが指摘した不具合をIQSスコア(新車100台あたり何件の不具合指摘があったか、Problem Per 100:PP100)として算出するもので、スコアが小さいほど品質が高いことを表しています。

 2016年のIQSスコアは、対象車すべての平均で75ポイントとなり、前年調査よりも4ポイントの改善となりました。

 また、指摘された不具合は、きしみ、異音、故障といった<製造工程>に原因があると考えられるものと、「使いづらい」「不便」といった<設計>に原因があると考えられるものに分けられます。調査では例年、前者を「製造不具合」、後者を「設計不具合」として分類し、それぞれの数値を算出しています。

 今回の調査では、製造不具合が27.1ポイント、設計不具合が46.3ポイントでした。設計不具合の方が多いという結果は過去数年のIQSに共通して見られる傾向で、最近の新車が壊れにくいことを表すデータといえます。また、前年との比較では、製造不具合が-0.7ポイントであったのに対して、設計不具合は-4.2ポイントと大きく改善しています。このことから、最近の新車は壊れないだけではなく、操作性・居住性・快適性といった点でも以前よりユーザー評価が向上しているといえます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


J.D. パワー Ranking&Analysis

20年以上に渡り、日本企業の顧客満足度の実態と変遷を見てきたJ.D.パワー。本国アメリカでは自動車業界をはじめとして顧客満足度調査が全米の注目を集め、その信頼度は群を抜いている。そんなJ.Dパワーの最新顧客満足度ランキングを同社アナリストの分析とともに紹介。日本の消費者が本当に知りたい商品、サービスの真実をお伝えする。

「J.D. パワー Ranking&Analysis」

⇒バックナンバー一覧