HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

大人のボディデザインスクール

徹底解説の動画&記録シート付き!
メリハリボディを実現する「1日10分」のタスクを公開

いつでも、どこでも実行可能なエクササイズ法

都竹茂樹 [高知大学医学部准教授、医師]
【第3回】

「ゴール設定」「食事」に続く第3回は、メリハリボディを作るのに最も重要な「エクササイズ」について説明します。いつでもどこでも実行できる、“1日10分”の運動法とは?

みなさん、こんにちは。

歩数計を付けていると自然に何歩歩いたかチェックするようになり、少ない時には、地下鉄の駅一つ分歩こうなどするようになって運動量が増えて減量できた。過去1週間分のデータがその場で見え、その日限りにならず継続に繋がる所が非常に良い。(40代男性・神奈川県)                             ウェルネスリンクを通じて、みなさまの健康をサポートします。 機器・サービス協力 オムロンヘルスケア

先週紹介した「食事の3つの約束事」

1.和食
2.よく噛む
3.お茶お水

は、いかがだったでしょうか?

ツイッターを見ていると、すんなり達成できたという方は少数のようで、皆さん苦心されていました。それだけ、一度身についた食習慣、嗜好を変えるのは容易なことではないということです。しかし、メリハリボディを作りあげていくうえで、「食事の3つの約束事」は不可欠ですので、今後も継続して取り組んでください。

■ 「毎日10分」の自体重 筋力トレーニング 

 さて今回は、メリハリボディをつくりあげるうえで食事とともに欠かせない筋力トレーニングを紹介します。

筋力トレーニングといっても、ジムへ行ってバーベルやマシンを使用する必要はありません。器具要らずなので、自宅やオフィスで実施することもできます。

 必要なのは、

1.負荷として自分のカラダ
2.1日10分の時間
3.そして「やる気」

の3つだけです。たった10分、しかも朝昼晩と分けて実施しても良いので、もう「時間がないから出来ない」と言い訳もできません(させません!!)。

 なかには、「なんだ、自分の体重を負荷にした筋トレか」「そんなので本当に効果あるのかな?」と思われるかもしれません。しかし、適切な方法で実施すると、これがかなりハードなのです。ためしに3種目のエクササイズを動画のとおりやってみてください(動画は次ページ!)。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

都竹茂樹 [高知大学医学部准教授、医師]

1966年米国生まれ、高知医科大学卒業。名古屋大学大学院医学研究科修了。ハーバード公衆衛生大学院修了。医師、医学博士、公衆衛生学修士、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医。スポーツ医学や健康増進に関する研究、啓発、執筆活動を展開。『結果を出す特定保健指導』(日経メディカル開発)、『あと5センチひっこめろ!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)等、著書・共著書多数。

 


大人のボディデザインスクール

自分の身体に向き合うための「大人の学校」が始まります。毎回出されるタスク(1日10分の課題)を続けていくことで、3ヵ月後には“メリハリボディ”を実現。忘年会、新年会など一番太りやすい年末年始に、メリハリのあるボディを作れたなら、来春・夏は「割れた腹筋」などさらなるランクアップも!? また3ヵ月の講義を受けることで、将来的にリバウンドしない習慣・知識も身につき、メタボ・生活習慣病のリスクも結果的に減らすことができます。

「大人のボディデザインスクール」

⇒バックナンバー一覧