ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社内プレゼンの資料作成術
【第27回】 2016年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田鎌利

プレゼン資料は「ニュース番組」に学べ!

伝説のプレゼンテーター・前田鎌利氏の仕事術

1
nextpage

孫正義氏の「一発OK」を次々に取り付けた伝説的プレゼンテーターで、ベストセラー『社内プレゼンの資料作成術』著者の前田鎌利氏。彼が講師を務める「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」の開催まで、いよいよ1ヵ月を切った。ソフトバンクを退社し、独立した今でもなお、プレゼンテーションの研鑽をやまない前田氏。彼は日々、自らのプレゼン術をどのように磨いているのか。本日はその「勉強法」の一端を公開する。一瞬で聞き手をつかみ、興味を持たせ続け、「100%一発説得」を勝ち取るために、前田氏がプレゼンの参考にしているものとは?(構成:前田浩弥)

社外プレゼン1枚目のスライドは「映画の予告編」

 「その匠、千年先を見通す」。

 これは、テレビ番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)で、宮大工・菊池恭二氏が紹介された回の冒頭、画面に表示されたテロップです。真っ黒の画面のど真ん中に、11個の文字を白文字で表示。きわめてシンプルでありながら、力強いメッセージで、インパクトがある。さながら映画の予告編のようで、視聴者はぐっと引き込まれます。

 「視聴者を惹きつける」効果だけではありません。
 さらにこの1文には、「視聴者を案内する」効果もあります。
 というのは、「その匠、千年先を見通す」というメッセージを視聴者に認識させることで、その後、画面にいきなり五重塔が映っても、視聴者は「宮大工の菊池さんがつくったものなのだろう」と想像したり、「今度は菊池さん本人が画面に出てくるだろう」と心の準備をしたりできるからです。視聴者が番組の流れを受け取りやすくなる効果もあるのです。

 私は、これまでソフトバンクをはじめ通信事業会社で数々の社外に向けたプレゼンテーションを行ってきました。いかに、効果的にお客様にメッセージを伝えるか?これが、私の仕事の中核的な部分だったのです。だから、そのノウハウを身につけるために、「どこかにヒントはないか?」と常にアンテナを張ってきました。

 そして、もっとも多くの学びを得たもののひとつがテレビ番組でした。特に、『プロフェッショナル 仕事の流儀』をはじめ、『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』(ともにテレビ東京)など、ビジネス系の情報番組は、番組冒頭で視聴者を惹きつけるテロップのつけ方、いわば「つかみ」がとても上手。どのような「つかみ」をすれば、視聴者が1時間の番組を最後までみてくれるのかを、映像のプロフェショナルたちが真剣に考えがえているのでしょう。参考にならないわけがありません。

 「つかみ」は、社外プレゼンでも強く求められることです。
 11月2日に開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」でも詳しくお伝えしますが、社外プレゼンは「つかみ」が命といっても過言ではありません。プレゼンの相手は利害関係を異にする人々ですし、そもそもプレゼンを聞く義務もありません。だから、プレゼン冒頭で興味を惹きつけることができなければ、その先を聞いてはもらえません。まぁ、「聞くふり」はしてくれるかもしれませんが、100%結果は出ません。プレゼンが終わったら、「お疲れ様でした」で終わりなのです。

 だから、プレゼン資料の1枚目の「つかみスライド」でいかに相手を惹きつけるかが最大の勝負どころです。そして、そのヒントはビジネス系の情報番組で学ぶことができるのです。

 たとえば、これは『社外プレゼンの資料作成術』で詳しくご紹介したものですが、私はよくこんな「つかみスライド」をつくっています。

 これは、家事代行サービスを、主な当事者である主婦向けにPRするプレゼン資料の「つかみ」部分です。私は、ビジネス・プレゼンで有効な「つかみ」は、「数字×質問×写真」だと考えています。
 最初に「2」という数字だけを見せる。これは、先ほどの『プロフェッショナルの流儀』のように、黒地に白文字でインパクトを出します。そして、「これ、何の数字だと思いますか?」と問いかけるのです。

 質問をされると誰もが考え始めます。それによって、「自分ゴト」にしてもらいやすくなるわけです。そのうえで、2枚目のスライドで「生涯洗濯時間2年」と種明かしします。

 そして、3枚目のビジュアルを見せながら、「洗濯ってツライですよね?そのツライ洗濯に2年間。長いですよね?」などと語りかけると、多くの主婦の方は「そうそう……」と共感してくれるというわけです。

 これなども、私なりにテレビ番組で学んだノウハウを活用したものなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前田鎌利 

まえだ・かまり 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。著者のプレゼンテーション術を実施した部署で、決裁スピードが1.5~2倍になることが実証された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー、株式会社ベネッセコーポレーション、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、全国でプレゼンテーション・スクールを展開している。


社内プレゼンの資料作成術

社内プレゼンはビジネスパーソン必須のスキル。ところが、多くの人が苦手ではないでしょうか?何度も却下されたり、差し戻しにあったり……。そこで、ソフトバンクで孫正義氏から「一発OK」を何度も勝ち取った著者が、秘伝の「社内プレゼンの資料作成術」を全公開。シンプルな資料で100%の説得力を生む、「超」実践的なノウハウをお伝えします!

「社内プレゼンの資料作成術」

⇒バックナンバー一覧