ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

デジタル時代のプラットフォーム戦略

――カテゴリー・プラットフォーマーの出現

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第61回】 2016年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

デジタル技術を活用した新規のビジネスモデルが数多く台頭するなか、さまざまな分野でデジタルエコシステムを構築する動きが見られる。そして、その中核に位置するプラットフォーマーや、特定の分野におけるカテゴリー・プラットフォーマーへの進化を目指す企業が出現している。

あらゆる分野で形成される
デジタルエコシステム

 スマートデバイス、ビッグデータ、IoT、3D、AIなどのデジタル技術を活用した新規のビジネスモデルが数多く台頭しており、デジタルビジネスに商機を見出そうとする動きが活発化している。スタートアップ企業だけでなく、既存事業を持つ大企業においても、デジタル技術を活用したビジネス革新や新規事業の創出は重要課題となってきている。ITRでは、デジタルビジネスを「デジタルデータによって、人、モノ、コトをつなぐことで新たな価値を提供する事業形態」と定義しており、この分野におけるビジネスモデルを14に分類している(図1)

出典:ITR

 なかには、デジタルディスラプターと呼ばれる、既存業界を破壊するような革新的なデジタルビジネスも登場している。1つのデジタルビジネスが成功すると、それを真似たビジネスや進化させたビジネスモデルが業界の枠を超えて登場する。デジタルビジネスは、進化と多様化を繰り返し、さまざまな業界構造の変革を促しながら市場への影響力を拡大している。そして、いくつかのデジタルビジネス・プレーヤーは、次に述べるプラットフォーマーへの進化を目指して、デジタルエコシステムを形成しようとしている。

 ちなみにエコシステムとは、動植物の生態系を比喩的に用い、企業などの緩やかな依存関係や協調関係よって形成される新たな価値連鎖構造を意味している。デジタルビジネスの世界では、企業やビジネスシステムが互いにつながり合うことで、より大きな価値を生み出すことからデジタルエコシステムの構築が有効なビジネス戦略と考えられる。そして、そのデジタルエコシステムの中核に位置するプレーヤーがプラットフォーマーである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。現在は大手ユーザー企業のIT戦略立案・実行のアドバイスおよびコンサルティングを提供する。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧