ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
三谷流構造的やわらか発想法

異端の「スノーボール・アース」仮説はどう常識と闘ったのか

科学書に学ぶ生き残り戦略(2)

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]
【第151講】 2016年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

平均気温マイナス40℃。全球凍結の世界

 生命の多くが単細胞生物だった7億年前、地球は凍りつきました。赤道までが凍りつく大氷河期が、数十万年以上もの間、続いたのです。

地表の気温は平均でマイナス50℃。アイスクリームをそのまま放置でき、バナナで釘が打てる温度です。大陸のみならず、海洋も厚さ1000メートルの氷に覆われました。その下の海水は漆黒の闇となり、食物連鎖を支える植物性プランクトンが消え、ほとんどの生命が地球から消え去りました。文字通り、スノーボール(雪玉)となった地球は、風の音だけが鳴る極寒の大氷原でした。

Picture by たけまる

 さて今回は、先回の『大絶滅』に続いて科学書からもう1冊、『スノーボール・アース』を取り上げます。

 NHKの特集番組『地球大進化(*1)』でも取り上げられましたが、スノーボール・アースとは、この地球が22億年前に1回と7億年前頃に2回の計(少なくとも)3回(*2)、全面的に凍結した(つまり、全てを雪と氷で覆われた、雪玉=スノーボールになってしまった)というものです。

 一般的に氷河期は、地球と太陽との距離の変化(10万年周期で変わる)や、地軸の傾きの変化(2万年周期)、太陽活動自体の変化(数百年周期(*3))などが組み合わさって、起こります。複雑ながら推測可能なものであり、周期的な現象(*4)です。

 しかし、スノーボール・アース(全球凍結)は、われわれが知る通常の氷河期とは成因がまったく異なる、非常に稀で極端な現象なのです。

 複雑ながら推測可能なものであり、大きな寒冷化はもう2万年くらいは来そうにありません。われわれが引き起こしている急激な温暖化を、冷やしてくれはしないのです。

全球凍結など起きたはずがない! なぜなら……

 『スノーボール・アース』には全球凍結額説が意味するところから、その画期的な「仮説(アイデアのひとつ)」がどう生まれ、叩かれ、反撃し、磨かれ、「学説(定説のひとつ)」に昇格して来たかの科学闘争史が詳述されています。この本の面白さはそこにあります。

 その主人公はハーバード大学の戦士、ポール・ホフマン博士でした。

 斬新で本質的な(でもほとんど「トンデモ」系の)仮説が、常識の徹底的な抵抗に遭い、それを乗り越えていく闘いは、痛快ですがイバラの道です。そこには、ホフマン博士の強烈な個性とパワーが必須でした。

*1 2004年4月~11月に放送された。全6回。『第2回 全球凍結 大型生物の誕生の謎』で全球凍結を扱った。
*2 番組と本の中では2回。最近の研究では3回とされている。
*3 太陽光は1億年に1%の率で強くなってきている。
*4 大きな寒冷化はもう2万年くらいは来ない。われわれが引き起こしている急激な温暖化を、冷やしてくれはしない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


三谷流構造的やわらか発想法

発想法ってなんのために存在するのでしょう? ヒトと違うアイデアや答えを出すためです。統計的に有意な戦略なんて、定義により無価値ですし、統計的に正しい発想法なんてあるわけがありません。発想に「普遍性」や「高確率」を求めるなんてそもそも矛盾しているのです。発想法も、然り。これまでと違うものを生み出すには、新しい発想法がいま求められているのです。

「三谷流構造的やわらか発想法」

⇒バックナンバー一覧