ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ぼくらの仮説が世界をつくる
【第16回】 2016年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐渡島庸平 [株式会社コルク代表取締役]

【森岡毅×佐渡島庸平】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させたスゴ腕マーケターと「マーケティング」について語り合った【第3回】

1
nextpage

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させたマーケター・森岡毅氏とコルクの佐渡島庸平氏(twitter:@sadycork)の対談、第3回。

勘やセンスに頼りがちなエンターテイメントの世界で、マーケティングをいかに行えばいいのか。二人の対話は続きます。

(文:佐藤智、写真:塩谷淳) →第1回から読む

世界観を広げるときの適正な投資とは

佐渡島 『ハリー・ポッター』も『ONE PIECE』も、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で世界観を広げていますよね。すごいなと思いつつ、投資額が大きいのではないか、とも思って。

森岡 はい。

佐渡島 私の場合は、新人作家を発掘するときに、その新人作家の中に「世界観」があるかどうかを重視します。その世界観は、現実と似ているほうが面白くて、その現実と似ているという重要な要素としては、「悲しみ」があるんです。世の中には、苦しんでいる人間やもがいている人間がたくさんいる。そういう世界観が作品にあるかどうかが大事。

 たとえば、『宇宙兄弟』には、そうした感情を持ったいろいろな人間が出てきます。そして、作家によってその世界観をどのように表出していくのが適しているかを考えていきます。三田紀房さんだったら、ビジネスの切り口から世界観を伝えていくのがいい。小山宙哉さんだったら、「『宇宙兄弟』の世界観の中にある何を取り出すと、世の中に伝わるだろう?」と考える。

 それで、グッズとしてヘアピンを作ったんですよ。実は私たちも、世界観を投影したとはいえ、ヘアピンがあんまり売れると思わなかったんですよ。しかし、ファンにアンケートを取ったら、みんな「欲しい」というので作ってみたのです。

森岡 小山さんの作品でヘアピン?

佐渡島 そうなんです。『宇宙兄弟』の中で、脇役の女性キャラクター・北村が妹から宇宙に行く時にヘアピンをプレゼントされるんです。それで、そのキャラクターがピシッとする気持ちのときにヘアピンをするっていうエピソードがあるんです。それに紐付いたヘアピンをグッズとして作りました。

森岡 なるほど。

佐渡島 「ファンの人が、そのヘアピンを欲しいと言っているのでグッズのひとつめはヘアピンを作りたい」と言い出したスタッフがいたんです。私は、「えぇーっ?」と思ったんですけれど、女性視点の意見というのもあって、「いいよ」と許可しました。とはいえ、『宇宙兄弟』に出てくる感じの天然石で作った惑星っぽいヘアピンをこだわって作ったら、すごく高くなっちゃって、3個で5400円になっちゃったんです。

森岡 すごいですね(笑)。

佐渡島 「これ、売れるのかなぁ」と不安になったので、「200個だけね」とか言って作って(笑)。「もう全部残っても仕方ないや」と思っていたんです。そうしたら、瞬殺。即完売でした。

森岡 わぁ、すごいなぁ。

佐渡島 そのあとも再生産したんですけど、天然石にこだわったので、そこまでたくさんは作れなくて。

 振り切ったものは、消費者に響くんですかね。

佐渡島 購入した人は、大切な日にそれを付けて、ピシッとした気持ちになりたいと思っているんですよね。男性ファンはネクタイピンとして使ってくれていて、結果的に私たちは「ピシッとした気持ち」を売っていたんですよ。

森岡 そうですね。みんなが買ったのは、ただのヘアピンじゃないんですね。

佐渡島 はい。このヘアピンの販売から学んだことは、世界観を出していくと購買につながるということ。ただし、現状の僕らの分析の仕方だと、その売り方はいくつ売れるのかがまったく想像つかないんですよ(笑)。だから、アイテムを販売するときは、常に「どんな気持ちもセットで届けているのか」を考えているのですが、毎回そう簡単にいくわけもなく。

森岡 わかります、わかります(笑)。

『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』(森岡毅・今西 聖貴/KADOKAWA)

 それはアナリストを持てる余裕があれば、解決する問題かもしれませんね。データベースを蓄積していって、そこにファンのデータベース(ファンパネル)を設けるんです。

 まずは、三田紀房先生など大きいブランドから作っていくのが良いと思います。購買意欲を調査して、そのスコアと実際の現実値っていうものを見立てていきます。このようにベンチマーキングをどんどんしていく。簡単に言うと、新たな商品がヘアピンよりも売れるかどうかを見極めていくわけです。2つ目、3つ目とデータを集めていくにつれて、だんだんと精度が上がっていくはずです。

佐渡島 なるほど。

森岡 しかし、この方法にはひとつだけ弱点があるんです。それは、過去のデータでわかりえた文脈と、その世界から弾き出された結果なので、本当のアウトライヤーは予測できないということです。

 たとえば、過去のデータから消費者がどの程度興味があるか予測できればいいんですけれど、本当に見たことがない“ニュー・トゥー・ザ・ワールド”の商品だった場合には、ベンチマークはできないですよね。そういうのが、一番投資的には危ない。

 で、それをどう管理するのかというと、大きくはずさないようにするしかないんです。できるだけ消費者が買う文脈に近いものを作り、実際消費者が買うものに近い状態で見せる。考えてリスクを減らしていくしかないので、結局答えがビンゴで出ることはほぼないんです。

次のページ>> 需要予測は当たらない
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐渡島庸平 [株式会社コルク代表取締役]

1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごし、灘高校に進学。2002年に東京大学文学部を卒業後、講談社に入社し、モーニング編集部で井上雄彦「バガボンド」、安野モヨコ「さくらん」のサブ担当を務める。03年に立ち上げた三田紀房「ドラゴン桜」は600万部のセールスを記録。小山宙哉『宇宙兄弟』も累計1600万部超のメガヒットに育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現する。伊坂幸太郎「モダンタイムス」、平野啓一郎「空白を満たしなさい」など小説連載も担当。12年10月、講談社を退社し、作家エージェント会社、コルクを創業。


ぼくらの仮説が世界をつくる

1600万部超 『宇宙兄弟』、600万部超 『ドラゴン桜』を大ヒットに育て上げた編集者であり、作家エージェント会社「コルク」を起業した、 いま注目度ナンバーワンの編集者・経営者が仕事論を初めて語る!

「ぼくらの仮説が世界をつくる」

⇒バックナンバー一覧