ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

ツムラ 芳井順一社長インタビュー
「1年半後には社長職を禅譲
27万医師に漢方普及を目指す」

週刊ダイヤモンド編集部
2010年12月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

倒産寸前から見事復活を遂げたツムラ。1年半後の社長交代を明言している芳井順一社長に、手ごたえと今後の課題を聞いた。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 柴田むつみ)

ツムラ社長 芳井順一
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 私が営業担当役員に就いた1997年当時、営業の仕組みに大いなる問題があると感じた。

 まず新たな得意先を広げていく必要性があった。そして、漢方医学を国の伝統医学として認めてもらう働きかけも必要だった。

 後者の第一歩として、2001年にコア・カリキュラムに「和漢薬を概説できる」という指針が入ったのは大きかった。大学への働きかけや、漢方薬に興味を持った医師向けのセミナーを地道に実施することなどで漢方医学が根づいていけば、売り上げは自然とついてくる。

 実際、平均的な実売量の伸び率は3年前までが7%、直近では9%に達している。これで営業戦略の手応えは得たが、一方で生薬の生産が足りなくなると気づいた。生薬の生産は長いもので7年かかる。また保管はセ氏15度・湿度60%以下といった条件が揃わねばならないなど、対応は一朝一夕にできない。このため、需要予測に基づいた生薬確保の計画を社内全体で共有しようと「漢方10年ビジョンプロジェクト」を立ち上げた。今では、使用している全118種の生薬の調達経路や使用農薬の状況まで把握できている。だが、漢方薬の需要がさらに伸びた場合への備えなど、社内の問題意識は十分とはいえない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧