ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」

納税マイレージを導入せよ
太陽政策で税収アップを!

田村耕太郎
【第1回】 2011年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

増税は富裕層から一般へ

 大増税時代が幕を開けた。日本の財政をコントロールできる意思を世界に示さないと、財政破綻へまっしぐらとなるので、政府も必死である。私は税収増を狙うなら、納税マイレージを導入することを提言する。政府が無理強いしなくても納税者が自ら納めたくなるような太陽政策である。

 税率アップや控除停止で、北風を吹かせれば吹かせるほど納税意欲は落ち、節税と経済活動不振で、税収は逆に低迷すると思う。

 政府はまずは富裕層を狙って増税を始めている。富裕層の税額控除を減らし事実上累進性を高めている。しかし、わが国において年収1500万円以上の人口は2%以下なので、ここからの税収アップは知れている。むしろこれは富裕層をいけにえにすることによる富裕層以外へのガス抜きであると考える。本格的な税収増のための増税は人口98%以上を占める富裕層以外の人たちを対象にせねばならない。だから、まずはその人たちのガス抜きが必要なのだ。

 政府の危機感の背景にあるのは、昨年激減した法人税収と所得税収がある。昨年の法人税収は約6兆円、所得税収は約13兆円で、各々ほぼ30年前の水準に落ち込んでいる。この環境下で最も安定している税収は消費税である。この10年間の消費税収はほぼ毎年10兆円で横ばいである。しかしながら、継続して物価が下落する長期デフレの中で、消費財の価格アップにつながる消費税増税をしてしまえば、駆け込み需要効果を除き、消費はさらに低迷し、下手をすれば、税収が落ち込む可能性がある。どの税を上げていいやら手詰まり感があるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田村耕太郎

エール大学、ハーバード大学元研究員。
世界で最も多くのノーベル賞受賞者を輩出したシンクタンク、ランド研究所にて唯一の日本人研究員を務めた。新日本海新聞社相談役。前大阪日日新聞代表取締役社長。国立シンガポール大学公共政策大学院元研究員。
‘02年から‘10年まで2期参議院議員を務める。その間、内閣府大臣政務官(経済財政・金融・地方分権・再チャレンジ各担当)、参議院国土交通委員長を歴任。
著書には『君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?』『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』などがある。

 

 


田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」

欧米だ、シンガポールだ、韓国だ、中国だ、そんなことを言っても、キャッチアップのモデルはもはや世界に存在しない。日本は日本の現状に合わせて自らをモデルチェンジするしかない。坂の上にもはや雲はない!

「田村耕太郎の「坂の上に雲はない!」」

⇒バックナンバー一覧