ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「いきなりエイズ」が中高年で深刻化している理由

井手ゆきえ [医学ライター]
2016年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

毎年12月1日は「世界エイズデー」だ。東京都ではRED RIBBON LIVE 2016(11月29日、東京・港区)を皮切りに、12月4日からは街頭キャンペーンや無料検査(予約制)が実施される。各地の保健所でも連携企画が用意されている。日本は、主要先進国で珍しく、HIV/エイズが増加している国であり、特に中高年では、エイズを発症してからHIV感染が判明した「いきなりエイズ」が増えている。(医学ライター 井手ゆきえ)

増えている40歳以上の
「いきなりエイズ」率

 発端は知人(50代、♂、既婚)の「えぇ!? HIV検査なんか受けないよ。だって奥さんに“やましいこと、してるの?”って疑われちゃうじゃん」の一言だった。

 「そうかなぁ、結婚25周年記念にHIV検査、ついでにHBVとHCV検査(どちらも性行為で感染する危険性がある)を受けてお互いにオープンにすれば良いじゃない?そのほうが、お互いを大切に思う気持ちが通じるのに」と思った筆者(年齢非公開、♀、未婚)は、結婚生活に夢を持ちすぎなのか?──ということで、HIV/エイズについて調べてみた次第である。

 日本は主要先進国で珍しく、HIV/エイズ(後天性免疫不全症候群)が増加している国だということをご存じだろうか。関連機関はことあるごとに「HIV検査」を受けるよう情報を発信し、特にこの数年中高年層で顕著な、エイズを発症してからHIV感染が見つかる「いきなりエイズ」を食い止めようとしている。

 2015年のエイズ発生動向(厚生労働省エイズ動向委員会)によると、2015年の新規HIV感染報告例は1434件。このうち、エイズを発症してからHIV感染が判明した「いきなりエイズ」患者の割合は約30%、428人(男性409人、女性11人)だった。

 2015年の1年間に、毎日1人以上の人が「なんだか熱が続くし、下痢が長引いてしんどいなぁ」くらいの気持ちで受診した病院で、「あなたはHIVに感染していて、エイズを発症している可能性がある」と告知されていたことになる。

 中高年層にフォーカスしてみると、40歳未満の「いきなりエイズ」率は19%と平均を下回ったが、40歳以上の「いきなりエイズ」率は一気に43%に上昇。50歳以上では50.6%と、実に2人に1人はHIV感染が発覚した時点で、すでにエイズを発症していた計算だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧