ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

【第25回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson25「苦手なアプローチはクラブ軌道とボール位置で攻略しよう」

堀尾研仁 [ティーチングプロ]
【第25回】 2010年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グリーン周りからのアプローチが苦手で、トップやダフリのミスを繰り返してしまう。フェースにボールが当たったとしても、打球の高さがバラついて距離感が合わない。こんな悩みを持つ人は、クラブ(スウィング)の軌道とボール位置の関係を考えてみましょう。

グリッドエンド(左手)の真下がクラブ軌道の最下点となる。この基本メカニズムを理解していれば、ボール位置によって球筋を打ち分けることができる

 クラブ軌道の最下点というのは、常に「グリップエンドの真下」になります。これはどの番手でも共通していることで、ドライバーでもウエッジでも同じです。アドレスで左足太ももの内側にグリップをセットした場合は、その真下(左足かかとの内側)がクラブ軌道の最下点となるわけです。

 グリップエンドの真下にボールを置くと、最下点でボールをとらえることになるので、ロフトなりのインパクトが生まれます。これが基本中の基本。トップやダフリのミスが多い人は、構えたときのボール位置をもう一度チェックしてみてください。

 同じスウィングをした場合、ボールが最下点よりも先(左サイド)にあれば、アッパー軌道でボールをヒットすることになります。すると、ロフト角がいつもより多くなって、打球は上がりやすくなります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀尾研仁 [ティーチングプロ]

1971年生まれ。レッドベターに師事し、2003年に独立。プロからアマチュアまで幅広くレッスン活動を行なっている。HPでインターネットレッスンも開講中。


堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”」

⇒バックナンバー一覧