ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
モテるメール術
【第2回】 2016年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
白鳥マキ

お見合い歴10年、60連敗オトコは、既読スルーで悩んでいた

1
nextpage

いよいよ本日12月9日から発売開始となった『モテるメール術』。さまざまな方の事例を通して、「何がダメだったのか」「何が変わってモテるようになったのか」のポイントがわかりやすように、ダイジェスト版でお送りいたします。
今回は、人はいいのになぜか失恋続きの男性Aさん。それがメールのある部分を変えただけで、女性からすると頼れる人に変身!彼を変えた「そっくりコピペ法」をお伝えします。

お見合い60連敗がついに終止符!
何が彼を変えたの?

連載第1回にも登場しましたが、10年間あちらこちらの結婚相談所を渡り歩き、60連敗していたアラフォー男性Aさん。雰囲気は悪くなく、見た目もいたって普通の方です。ご職業は幼稚園の先生で、お子さんから絶大な人気を得ていました。でも、大人の女性からは驚くほど不人気。

「メールの既読スルーに悩んでいる」と来られたAさんのスマホを見てその原因がわかりました。

メールで相手の気持ちを踏まえた返事になっていないんです。

きれいさっぱりスルーして、送るメッセージは自分の言いたいことばかり。これでは、お相手に安心感も信頼感も与えられるわけがありません。

女性は、話を聞いてほしいんです!

 意味のある言葉のやりとりが重要ではなく、「私という存在が、相手に確かに受け止められている感」が大切なんです。

 彼は相手の隠れた気持ちを文章から読み取るのが苦手なようでした。しかし今さら、「小学生の国語の読解問題からやり直してこい!」とも言えません。

 そこで、レスキュー対策として出したものが、「そっくりコピペ法」相手からもらったメールをコピペして、自分の言葉を加えるだけです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    白鳥マキ

    幼少期より病弱で入退院を繰り返し、子どもの頃に読んだ本は3000冊超。薬の副作用で小学6年生のときに体重70キロに。モテないなりに恋愛に勤しむが、「マキは会っているときよりも日記のほうがかわいいね」のひと言で一念発起、23キロのダイエットに成功し、コンプレックスを克服する。 20歳の頃、大阪でミス着物、全国でミス着物の女王の入賞を果たしたり、大阪で福娘に選ばれたりするなか、人を惹きつけるスピーチを習得し、大勢のなかから選ばれる極意を学ぶ。
    松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に入社し、主にクレーム対応を担当。お客様のフォローをするうちに、連絡するタイミングや相手を落とす文章術を磨く。その後、大手化粧品メーカーに転職、全国トップ10セールスに入り、全国ミリオンセールス大賞を受賞する。
    エステ業界で26年のキャリアを積み、全国13店舗の経営、コンサルティングに携わる。サロン業務では、お客様心理を教え、トップカウンセラーを育てる。
    サロンでの恋愛相談が増えていき、東京・大阪・名古屋にて、Change Me 結婚相談所を開設。1年以内に90%が成婚につながるオリジナルのメール術で一躍人気に。婚活、恋愛のカウンセリングの数は1万2000人を超え、カウンセリング予約は半年待ち。歯に衣着せぬズバッとした語りが好評を博し、全国で婚活セミナーを開催、受講者数は3000人を超える。
    結婚評論家として、日本テレビ「今夜くらべてみました」や関西テレビ「よ~いドン!」、雑誌「美ST」ほか、ラジオ、新聞など多数のメディアに出演。


    モテるメール術

    メールの優位性が高まった今、書き方を変えるだけで、誰でもモテることが可能に! 「見た目」よりも異性の心をつかむ方法があります。男女ではメールの受け止め方の違いが大きいというメールの基本から応用に至るまで、新刊『モテるメール術』より、今日から使えて明日には結果が出る(モテる)メールテクニックを紹介していきます。

    「モテるメール術」

    ⇒バックナンバー一覧