ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

恋と男子とITと ~オトナのLINE講座・返事が来る前の連投はNG?

2015年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
女性は、既読スルーではなく「既読考え中」の場合もある。急かさず、押し付けず、でもすぐには諦めずが大事

 パソコン通信時代からITに親しみ、電話相談で男女のリアルな恋バナに向き合う日々を送る筆者が、イマドキの恋愛事情を考察しつつ悩める男性の皆さんにエールを送るこの企画。今回のテーマはLINEです。今や男女が距離を縮めるために不可欠なツールですよね。

 ワタシが電話相談でお悩みを聞く際も、必ずと言っていいほどLINEでのやりとりに関する話が出てきます。20代から40代まで、どんな世代の、どんな恋愛相談でも。

 「LINEで食事に誘って、先週会ってきました!」
 「仲良くなってからはLINEで毎日5往復くらいやりとりしてます」
 「最近LINEの頻度が下がってるんですよね……」

 昔ならメールで行っていたやりとりを、今はLINEで行っているわけですね。なぜ多くの人がLINEに移行したのかといえば、余計な前置きを省けるのでメールより話しかけやすく、タイミングが合えばチャットのように会話できる点が楽しく使いやすいからだと考えられます。確かにこれらはLINEならではの魅力です。

 が……そのLINEの使い方を謝り、墓穴を掘っている人が多いのも事実なのです!

 ここで皆さんに質問です。あなたには片想い中の女性がいます。ある日、彼女をLINEで食事に誘いましたが、翌日も、その翌日も返事がありません。既読にはなっています。さあ、次のうち、最も良くない対応はどれでしょう?

(1)相手の都合を尋ねるメッセージをLINEで再度送る
(2)とりあえず返事が来るまで1週間くらい待つ
(3)脈なしと判断し、諦める

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧