ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

日本企業が技術はあるのに世界で勝てない理由

~『世界市場で勝つルールメイキング戦略』(國分俊史、福田峰之、角南 篤 編著)を読む

情報工場
【第32回】 2016年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
『世界市場で勝つルールメイキング戦略』 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか 國分俊史、福田峰之、角南 篤 編著 朝日新聞出版 256p 2000円(税別)

 英語の“Innovation”は、かつては「技術革新」と訳されることが多かった。最近ではカタカナの「イノベーション」という表記が定着しているが、今でも「新しい技術の開発」を意味すると思っている人が多いのではないだろうか。

 確かにイノベーションは、新しい技術や、それを活用した革新的な商品やサービスを意味することが多い。だが、本来のイノベーションは、それだけでは不十分だ。

 新しい製品やサービスを投入することで新たな市場を形成し、社会に大きな変化をもたらすまでがイノベーションといえる。新技術開発だけではなく、それを社会に浸透させていくプロセスも欠かせないのだ。

 たとえば「自動運転車」のイノベーションには、センサーによる情報収集や、車体のコンピュータ制御のアルゴリズムなど、さまざまな技術革新が必要になる。

 しかし、完成した自動運転車を公道で走らせるには、既存の交通法規を変えなければならない。さらに、自動運転車が事故を起こした場合に、その責任は運転手とメーカーどちらにあるとするべきか、といった議論も避けられないだろう。

 それらを含む新たなルールづくりをしていかなければ、自動運転車のイノベーションは完遂できない。

 つまり新しい技術で製品やサービスが実現可能な状態になっても、それを利活用するためのルールがなければ市場が形成されず、せっかくの新製品・サービスも、世の中に出ていくことができないまま終わる。

 本書の3人の編著者は、多摩大学ルール形成戦略研究所に所属している。この研究所は、官民から多様な経験を持つメンバーを集めて2016年6月に設立されたばかり。

 設立の目的は、「ルール形成戦略」という新しい学問分野に関する知見を集積し、社会課題解決型イノベーションを促進することである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧