ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
先読み!人気のビジネス洋書

売上の8割は、たった2割の社員が生み出している!
『80対20の法則を使って成功する方法~80対20の法則に従い仕事で成功するための9つのテクニック~』

The 80/20 Individual:The Nine Essentials for 80/20 Success at Work――リチャード・コッチ著

鬼塚俊宏 [ストラテジィエレメント株式会社 代表取締役社長兼CEO]
【第8回】 2011年2月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

未訳の最新ビジネス洋書のエッセンスが詰まった書評レポートを、PDFファイルで閲覧・ダウンロード提供する本連載。今回取り上げるのは、集団全体のうち20%の人が、総生産の80%を作り出しているとする「パレートの法則」を応用して仕事で成功する方法を説いた『80対20の法則を使って成功する方法』です。(書評レポート提供/エグゼクティブブックサマリー

なぜ20%の働きバチは働かないのか?
パレートの法則で成功するためのノウハウ

 「80対20の法則」とは、1897年にイタリアのエコノミスト、ビルフレド・パレートが、あらゆる国のあらゆる時代に富の傾斜分布があることを発見したことから、正式には「パレートの法則」と呼ばれています。

 簡単に言うなら、集団全体のうち20%の人が、総生産の80%を作り出している、という法則です。この「パレートの法則」は、今やマーケティング用語としては最もポピュラーなものであり、ビジネス界のみならず、自然界のすべてに通じる摂理の法則として認知されています。

 ビジネスでの例をあげると「売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している」というものであり、逆に「クレームの8割は全商品のうち2割に原因がある」というように、不利益に対しても同じ現象が起こります。

 こうした摩訶不思議な現象を上手く利用していくことも、また成功を収めて行くためには必要不可欠なことではないでしょうか。本書はそのヒントについて、9つのテクニックに分けて解説してくれています。

 非常に面白いのは、自然界にはこの法則と同じようなことがたくさんあって、働きバチの巣でも同じようなことが起こるというのです。例えば、森の中にハチの巣があったとします。もちろん巣まで餌を運ぶのが働きバチの仕事ですが、すべての働きバチが同様の働きぶりではないというのです。

 その巣全体のうち20%の働きバチは一生懸命に餌を運ぶ、60%の働きバチは普通に餌を運ぶ、そして残りの20%の働きバチはあまり餌を運ばない、というものです。興味深いのは、下位の20%、つまりあまり餌を運ばない働きバチだけを集めて集団にした場合も、全く同じ比率での稼動率の差が出るのだそうです。

 実は、これは人間社会も同じで、どんなに有名な進学校や有名企業でも、ほとんどの場合、組織や集団というものには必ずこの現象が起こります。では、この法則を活用して成功するためにはどうすればいいのでしょうか。いったいどのような意識を持てば、常に上位20%に入れるのでしょうか。本書は、そんな思いもよらない大きなヒントを与えてくれる価値ある1冊です。

(閲覧・ダウンロードにはダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要になります)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鬼塚俊宏 [ストラテジィエレメント株式会社 代表取締役社長兼CEO]

経営コンサルタントとして、上場企業から個人プロフェッショナルまで、今までに420社以上(1400案件以上)の企業経営を支援している。特に集客モデルの構築とビジネスモデルプロデュースを得意とする。またセールスコピーライターという肩書も持ち、そのライティングスキルを活かしたマーケティング施策は、多くの企業を「高収益企業」へと変貌させてきた。実際に鬼塚氏の書いた広告によって、まったくのゼロからたった1年で1億円以上の利益を出した企業もある。2010年4月、完全会員制のコンサルティング組織、「プロフィットインクコンサルティング」を立ち上げ、1社でも多くの高収益企業を輩出するために全国を奔走している。 著書に『「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術』(講談社刊)などがある。HP:http://www.strategy-element.co.jp/


先読み!人気のビジネス洋書

日本では未訳のベストセラー、ロングセラー、最新ビジネス洋書のエッセンスが詰まった書評レポートを、PDFファイルで閲覧・ダウンロード提供。ビジネスの最前線に立つ多忙なエグゼクティブ必見の内容です!

「先読み!人気のビジネス洋書」

⇒バックナンバー一覧