ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい勉強法
【第12回】 2016年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

「失敗している」ようにわざと見せる

第6回でもお伝えしたコミュニケーションは、凡人がエリートを出し抜くためにも重要です。今回は、失敗しているふりをしながら相手から貴重な情報を得る技術を、『ずるい勉強法 エリートを出し抜くたった1つの方法』から紹介いたします。

弱みを見せることによって、相手を動かす

 人間には、自分より弱い者、知識や経験が少ない者に対して、「助けてあげたい」「何か教えてあげたい」という意識が備わっています。

 これは、心理学でも「アンダードッグ効果」と名付けられ、立証されています。アンダードッグとは「負け犬」を意味し、一生懸命頑張っている人が失敗したり報われなかったりしていると、助けたくなるという心理効果のことです。

 今回は、そのような人間の本能を刺激して、有益な情報を得る方法をお伝えします。

 それは、「『失敗している』ようにわざと見せる」ことです。

失敗とは、言い換えれば、「弱みを見せる」ことでもあります。弱みを見せることによって、相手は、何とかしてあげようと、救いの手を差し伸べてくれます。

 アイドルや歌手の卵が「手売りで1万枚売ったらデビューできるんです!」とCDを宣伝するケースがありました。商品でも、「注文しすぎてしまったので、助けるつもりで買ってください!」というようなキャッチコピーを目にします。これと同じような手段を、交渉でも使うのです。

 私は、対人関係のコツを知りたいと思ったときに、対人関係がうまくいっている人に、あえて自分の失敗談を話したことがあります。その結果、「相手に対し、過度に感情移入や期待をしない」「人は考えていることと言っていることが違うことがあるので気をつけたほうがいい」など、人と上手につき合うノウハウを聞き出すことができました。

 本当はそれほど失敗していないことでも、失敗したと伝えると、相手が助けてくれ、その結果、ノウハウを聞き出すことができます。

 もっとも、気をつけてほしいのは、「弱み」と「頼りなさ」は違うということです。

 頼りなさが前面に出てしまうと、「助けたい」という思いよりも「こいつ、大丈夫か?」と、相手に不信感を抱かせてしまいます。心配や不安が先に立ち、自分のもとから離れていってしまうかもしれません。

 弱みは、あくまで頼りがいがある人が見せることが前提です。人から尊敬されているリーダーが、ふとしたことで失敗すると、周りは「協力して窮地を救おう」と思うようになります。普段しっかりしている人が、弱音を吐いたり、相談を持ちかけてきたりしたら、「よっぽど困っているんだな」と思って、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

 また、あえて「知りません」「わかりません」と言ってみることも大事です。

「わからないことは『わかる』と言う」こととは真逆になりますが、これも弱みの一つで、相手に「知らないことがあるなら教えてあげよう」と思わせる効果があります。

 このように書くと、あえてそういう行為をして相手を利用しようと言っているように捉えられてしまいそうですが、そうではありません。ときには人を頼ることも大切だという意味です。

 何でも自分一人でやるのは、限界があります。ラクして結果を出したいのであればこそ、謙虚に教えを請う姿勢を心がけましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
グロービスMBAキーワード 図解 基本ビジネス思考法45

グロービスMBAキーワード 図解 基本ビジネス思考法45

グロービス 著/嶋田 毅 執筆

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
アウトプットを最大化する、MBA必須の「考える技術」を一冊に集約。クリティカル・シンキング、問題発見・解決、アイデア発想、自己啓発など多方面から、知っていると武器になる思考ツールを45個厳選。「グロービスMBAキーワード」シリーズ最新作。わかりやすい、見やすい解説。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/5~2/11)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい勉強法

社会に出て結果を出すためには、さまざまなハードルをクリアしなければいけません。社会に出れば、今までのような同学年を中心とした同世代だけとの争いではなく、社会に出ている人、全員がライバルになります。自分より頭のいい人や一流大学出身の人は、数多くいます。そんななか、社会で常に求められるのは、「結果を出すこと」です。そのためには、人生において大事な「学び方」を変えればいいのです。人生において大事な勉強だからこそ、うんとラクをしないと続けられません。そこで、「覚える→思い出す」の暗記術を社会に出てからも活かすのです。答えを暗記するこの方法は、社会に出てからのほうが効果的に使えます。そこで、新刊『ずるい勉強法 エリートを出し抜くたった1つの方法』より、社会で負けない勉強法を紹介していきます。

「ずるい勉強法」

⇒バックナンバー一覧