ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

下着ブームにのった
プロモーション戦略で快進撃

北 康利 [作家]
【第37回】 2016年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昭和30年に巻き起こった下着ブーム

 戦後のファッションを牽引したのは、フランスのファッションデザイナー、クリスチャン・ディオールであった。

 ノルマンディー地方の裕福な家庭に育ち、高級官僚を輩出する最高学府のパリ政治学院に進んだディオールだが、芸術に関心が強かった彼はファッション界に進出。一気に時代の寵児となる。

 だが、その絶頂期に52歳の若さで謎の死を遂げた。一説では腹上死とも言われているが、ゲイであった彼の相手が女性であったかどうかは判然としない。

 その彼が、新しい時代を画する女性のファッションとして提示したのが“ニュールック”だった。

 従来の“ペンシルスリム”と呼ばれた体を全体に細く見せようという趣向とは異なり、腰は細く絞り、朝顔型に開いたスカートなどでバストとスカートにアクセントを置き、数字の8の字を描く曲線を特徴とする斬新なものである。

 この新しい時代のファッションは、時を置かずして日本にも上陸した。

 それはフランスから直接ではなく、占領下のアメリカ婦人や米兵を相手にしていた日本人女性、いわゆる“パンパンガール”から流行が始まったのである。

 ディオールの巻き起こした流行が、下着市場にとっていかに大きな影響を与えることになったかは、後にワコールの取締役中央研究所長となる玉川長一郎が、彼の著書『おんなの下着学─―永遠の女性美とエロスの歴史』の中で、いささか興奮気味に次のように語っていることでもわかる。

 〈このディオールの華々しい活躍によって誘発されたもろもろの業績のうち、下着業界に与えた衝撃と奮起振興の促進剤的役割は、いくら大きく評価しても誇大にすぎるということはない〉

 そして昭和28年(1953年)から翌年にかけて、クリスチャン・ディオールの第2次旋風と言われたニュールックブームの再来があった。

 その影響で、和江商事だけでなく各地で、ニュールックのシルエットを出せるよう工夫された下着ショーが行われるようになっていく。

 昭和28年10月には、由緒ある三田綱町の三井倶楽部で鐘紡主催による下着ショーが行われた。これは田中千代ファッションカレッジ創設者として知られる田中千代が、海外で購入してきた11着分のパターンをもとに、実際に縫い上げて行われたものであった。

 さらに同年11月24日には、なんとディオールのモデル一行が83点の作品とともに来日し、下着ショーを行っている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧