ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森達也 リアル共同幻想論

タイガーマスク騒動に見る薄気味の悪い善意

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]
【第41回】 2011年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 この原稿が掲載される頃にはもう誰も話題にしていないことはほぼ確実だけど、タイガーマスク騒動について思うことを、今のうちに書いておきたい。

 2010年の12月25日、「伊達直人」を名乗る人物から群馬県中央児童相談所へ、ランドセル10個が送られた。これが騒動のきっかけだ。

 そもそもはこれが大手メディアで報道されるようなニュースバリューを持つことかどうか、まずはそこから考えなければいけない。他の日だったらニュースになどならなかったはずだ。だって全国レベルで考えれば、篤志家からの寄付などは毎日いくらでもある。名乗る人もいれば名乗らない人もいる。さらにタイガーマスクや伊達直人を名乗りながらの寄付行為は、決して珍しいことではない。阪神淡路大震災のときにもタイガーマスクを名乗る人から、被災者への寄付が相当数寄せられていた。

 でも今回は報道をきっかけに、日本全国の児童施設に寄付行為が相次いだ。誰かが「タイガーマスク運動」と命名し、寄贈品の届け先は児童施設以外にも老人保健施設や警察、大手スーパーなどに広がった。まるで燎原の火のように。

 もちろん、この現象の背景に働いている心情は善意だ。決して悪意などではない。批判されることではない。それはまず大前提として、でも何とも形容しがたい違和感があることも確かだ。

 急激に寄付行為が広がった要因として、ツイッターを含めてのネット社会の進展を挙げる人は多い。確かにその要素はあるだろう。でもひとつの要素だ。潤滑油でしかない。なぜならツイッターがまだ登場していない2002年から2003年にかけて、この国ではやはり同じような現象が起きている。

この過剰な善意の発動は薄気味悪い

 2002年8月7日、多摩川で目撃されたオスのアゴヒゲアザラシのニュースは、あっというまに社会現象となった。アゴヒゲアザラシはいつのまにかタマちゃんと命名され、その後もワイドショーやニュースなどで頻繁に取り上げられ、多くのキャラクター商品や豪華な写真集が発売され、さらには複数の「タマちゃん音頭」がリリースされ、「タマちゃん」はこの年の流行語大賞を受賞し、ついに横浜市は特別住民票をタマちゃんに交付した(正式名称が西玉夫であることを、多くの人はこのとき知った)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]

1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタリー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『東京番外地』など多数。


森達也 リアル共同幻想論

テレビディレクター、映画監督、作家として活躍中の森達也氏による社会派コラム。社会問題から時事テーマまで、独自の視点で鋭く斬る!

「森達也 リアル共同幻想論」

⇒バックナンバー一覧