ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

専業主婦ブームで戦意喪失する“低収入ロス婚男”
男女の結婚観がズレまくる「救われない背景」とは?

宮崎智之 [フリーライター]
【第2回】 2011年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回は、岐阜のお見合いオバサンに話を聞き、恋愛に偏重しすぎる現在の結婚観について課題点を指摘した。そのなかで、収入より「イケメンかどうか」ということを気にする女性が多いという話が出てきた。

 確かに、それは1つのトレンドなのだと思う。働く女性が増え、自身で収入基盤を確立しているからこそ、男性には「収入以外の付加価値」を求めているのだろう。

 ただ、現実問題として収入は大切だ。結婚相手の条件に「経済力」を挙げている女性も、まだ多い。お見合いオバサンの時代から比べれば減ってきたのかもしれないが、「まったく経済力のないイケメン」を養ってくれる女性なんて、実際にはほとんどいないだろう。「正社員で、そこそこの収入があり、浪費家ではないイケメン」がいれば、それに越したことはない。

 お見合い結婚と同じく、失われつつある結婚像の1つに「専業主婦」がある。しかし、専業主婦になることを望む女性は現在でも多く、近年では増加傾向にあるとも言われている。

 不況が続き、「一億総中流」という幻想が崩壊した現代において、専業主婦になりたい女性が増えているのだとしたら、現在の結婚像との間に大きなミスマッチを起こしてしまっている可能性がある。失われた結婚像を前にして現実とのギャップに悩んでいる人々。そのような状態を本連載では「ロス婚」と呼んでいる。

 もちろん筆者は、専業主婦を否定する立場の人間では決してない。今回は、専業主婦になりたい人がいるにもかかわらず、なることが難しい現在の状況について、採り上げてみたい。

可処分所得で女性が男性を逆転?
「婚活意欲」を萎えさせる衝撃のデータ

 男性には厳しい時代だ。

 総務省統計局の発表によると、2009年における若者勤労単身世帯(30歳未満)の可処分所得平均は、女性が男性を上回る結果となった。時系列で比較できる1969年以来、初めてのことだという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧