HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

春先の頭痛、のどの痛みを“ただの風邪”と侮るな!
40代以上でも無縁ではない
花粉症の知られざる初期症状

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第31回】

40代で花粉症になったうえ、
1シーズン2回もインフルエンザにかかった
百貨店勤務Xさん(40歳)

百貨店の外商から催事の売場主任に
打ち合わせは深夜に及ぶことも…

 百貨店に勤務するXさんは、長年歩んできた外商畑から催事の売場主任に抜擢された。以前は外商部のエースとして、個人のお客様を担当していた。お中元やお歳暮はもちろん、着物や宝飾などの新作のカタログをもって自宅にご説明に伺うのが仕事だった。しかし、Xさんの担当の顧客も数年前から高齢化が進み、売上が伸び悩んでいた。そんな矢先の催事担当への異動だった。

 Xさんのデパートも百貨店不況が深刻化した数年前、経営改革を迫られた。平日のシニア層獲得のため、催事の拡充が最優先課題だったのだ。催事のなかでも「集客力のある地方の物産展を充実させる」こと、これがXさんに与えられた課題だった。

 その日から、Xさんはライバル店などの物産展をまわりはじめた。そのほか、インターネット通販で人気のお取り寄せを試食したり、地方のお土産ものが集まるアンテナショップめぐりを繰り返した。

 「どうしたらデパートにお客様が来てもらえるのか」

 それがいつも頭から離れない。毎日、深夜まで部下との話し合いが続いた。

新規顧客獲得のために「声かけ」を徹底
そのため「のど」は限界に…

 物産展は、普段あまりデパートに来ないシニア層や男性までをも呼びこめる人気イベントだ。ホームページも持っていないような、隠れた地方の名店を発掘して、口説き落とすのがXさんの仕事だった。

 北海道や九州、京都などをテーマにした定番の物産展でも、東京初進出の店があるときは集客がまるで違う。「先着○名様限定」という商品を用意して来店を促す。苦労して出店につなげたテナントが、目標数字をクリアすると本当にやっていてよかったと思う。はじめて出店するテナントには、前日から徹夜で搬入を手伝う。地方の老舗店の老夫婦などに、陳列を手とり足とり教えていくのも仕事だ。

1 2 3 >>
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気

日々の仕事・生活の中で、知らぬ間に身体が蝕まれているビジネスマンたち。重大な病に陥れば、最悪の場合、死を招く恐れもあります。この連載では、そんな病気のサインを見逃さず、健康で過ごす秘訣をお伝えします。

「働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気」

⇒バックナンバー一覧