ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

米政策次第で年末1ドル125円
調整局面では一時110円も

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2017年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ドル円の今年末予想を125円へ再度上方修正した。米大統領選挙でトランプ氏が勝利した直後、その積極財政で今年中に米長期金利が2.6%、ドル円も115円へ反発すると予想したが、この水準は選挙後わずか1カ月で実現した。

 ここでトランプ氏公約の諸政策の早期投入ケースを追評価し、米経済成長率は2017年後半から18年に3~4%ペースに、米国債10年利回りは6~9月に3.6%に向かうと予測した。

 米長期金利が年内にピークを打っても、FRB(米連邦準備制度理事会)は利上げを今年2回、来年4回と続けるとみる。トランプ相場初期は投機筋が米長期金利の上昇に敏感に反応してドルを買い上げた。中期では日米短期金利差拡大を背景にキャリー取引(この場合は低金利の円で借り入れ、ドルに転換して投資する取引)がドル円を押し上げるだろう。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧