ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

いぜん余震続く東日本大震災
これだけは頭に入れておきたい
大災害から身を守るための準備と行動

白井邦芳 [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]
2011年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東北地方太平洋沖地震は、まだ余震が続いており、現在進行形である。われわれはこうした大災害からどのようにして身を守ればよいのか。連載「社長!事件です」の執筆者で、危機管理の専門家であるACEコンサルティングの白井邦芳エグゼクティブ・アドバイザーが、対応策を示す。

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、震源のメカニズムとその規模から、北米プレートと太平洋プレートの境界で発生したプレート境界型地震と考えられる。このプレート境界型地震の特徴は、プレートに沿って震央が移動し、本震に近い大規模な余震が多数発生することにある。

 本震後も震度5以上の余震が多数確認され、福島、茨城、栃木などその震央は徐々に南下しているかのようにも見える。地震の専門家の中には、ここ数日中にマグニチュード7以上の余震が発生する確率は、70%であると指摘する者もあり、またその震央についても首都圏を巻き込む可能性について示唆する者もいる。

 すでにフランス大使館は13日、首都圏に在住するフランス人に対して、関東から移動するよう勧告を出すなど、その危機感は増大するばかりだ。以下はあくまで最低限の危機管理対策だが、参考にして頂ければ幸いである。

1.オフィス内で余震に巻き込まれた場合の対応

・あわてずに揺れの状況を確認し、落下物の可能性のない場所や支えの無い棚、ロッカーや窓際からすぐに離れて、身体を固定できる柱などにつかまる。

・窓際近くではガラスが割れてケガをするばかりか、投げ出されて落下する可能性があり、また什器・備品の近くではそれらが倒れて、下敷きとなることもあるので注意が必要である。

・動くことができたらかばん等を頭にかかげて、落下してくるガラスなどを避けながら、オフィスの扉を解放し、建物が破断したり基礎が沈下した場合でも、鉄の扉などが開けられなくなることを防ぐ。

・ビル内の館内放送や企業の防災担当者の指示に従い、避難通路や非常階段を通じて外部へ避難する。この際、高速道路・歩道橋・橋などの下に隠れてはいけない。これらは過去に発生した大地震でも破損・破断がひどく、倒壊するおそれがあり、災害事故に巻き込まれる可能性がある。

・ビルの近くでは、降ってくるガラスで負傷する可能性があるので、揺れのある状況では建物近くを歩かないよう留意する。常にヘルメットがあればかぶり、ない場合でもかばんなどを頭の上にかかげて落下物が当たった場合でもクッションになるよう気をつける。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

白井邦芳(しらい くによし) [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]

AIU保険会社及びAIGグループ在籍時に数度の米国研修・滞在を経て、企業の危機・不祥事・再生に関するコンサルティングに多数関わる。2350事例にのぼる着手案件数は業界屈指。2009年から現職。リスクマネジメント協会評議員、日本法科学技術学会正会員、経営戦略研究所外部専門委員、著書に「ケーススタディ 企業の危機管理コンサルティング」(中央経済社)等がある。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧