ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

MRJが5度目の納期延期でも三菱重工が抱く淡い期待

週刊ダイヤモンド編集部
2017年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
三菱重工業の宮永俊一社長はMRJ開発の遅れの原因を「リスク分析が足りなかった」と話した Photo:AFP=時事

 三菱重工業は1月23日、三菱リージョナルジェット(MRJ)の初号機納入時期が2018年半ばから20年半ばに遅れると発表した。

 パイロットが握る操縦かんの動きを可動翼に伝える電気系統のシステムを見直すために、設計や飛行試験のやり直しが必要になった。設計見直しでは、テロによる爆発などに備えて制御システムを機体の前方と後方に分散させる。

 確かに安全性は高まるが、納期を遅らせてまで対応すべきだったのかは疑問だ。航空会社関係者は「すでに高い安全性を実現しているMRJを普及させるには、開発スケジュールの順守が重要だった。最小限の修正で安全認証を取得してほしかった」と話す。

 三菱重工内にも、過剰スペックに異を唱える向きはあったが、結局、「世界最高水準のものづくり」を追求する主流派に押し切られた。

 5度目となる延期で、MRJ事業が被るダメージは計り知れない。

 第一に新規受注が困難になる。競合するブラジルの航空機メーカー、エンブラエルの「E175-E2」との投入時期の差はわずか1年ほどに縮まってしまった。MRJの売りだった最新エンジンを競合機に先んじて使えるメリットがほぼなくなったのだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧