ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
初心者でもできる安心投資の鉄則
【第3回】 2007年10月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
金田健志郎

安心投資の3原則とは

1
nextpage

 安全投資には、3原則がある。1)投資タイミングを見極めること、2)つぶれない投資先を選ぶこと、3)手数料と税金を考慮すること、この3つが大原則である。

投資タイミングの良し悪しが成否を分ける!

 今日株を買って、明日株が上がる確率は、ざっくり言って50%です。すなわち、

 投資の世界では、おおむね当たるか外れるかの確率は2分の1

 です。それなら、「半分の人が儲けて、半分の人が損をするのではないか?」「プロの人でも95%が損をしているのはおかしいのではないか?」と思う人もいると思います。そうではありません。確かに、今日株を買って、明日株が上がる確率は約50%で、1日だけをとってみれば、儲かる人が半分、損をする人が半分です。だから、全員が毎日1回だけ何かに投資して、同時に次の日の同じ時刻にそれをやめるならば、多分だいたい半分の人が勝って、残り半分が負けるでしょう。しかし、現実は違います。株を買って1時間もすれば売却してしまう人もいれば、1カ月間保有してから手放す人、10年くらいずっと持っている人など、さまざまです。

 なので、いつ利食い(利益確定)をし、いつ損切り(損失確定)するかが運命の分かれ目になります。負けている95%の人はそのタイミングがよくないのです。このタイミングを間違えると、バクチなどとは比べものにならないくらいの損失を負うことになります。

 なお、このような相場の上がり下がりから生じるリスクを市場リスク(価格変動リスク)と言います。

つぶれない投資先を選ぶ

 仮に、あなたが海外の証券会社に100万円のお金を預けて外国株式投資を始めたとします。たまたま投資タイミングが悪く、投資開始直後からマーケットが10%急落したとします。でも、重大なことは起こっていません。10万円の含み損(まだ実現していない損)が出て資産価値が90万円になっただけで、まだ損が確定したわけではありません。しばらく保有していると、また元に戻る可能性もあります。逆に120万円くらいの価値になるかもしれません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


金田健志郎

国内外の著名金融機関にて、株式、債券、為替、デリバティブといったさまざまな投資に携わってきた経験を通じ、独自の投資スタイルおよび投資哲学を確立。高度な技術をベースとしつつ、長期の定性判断に100%こだわった投資手法による、リスクを抑えた高収益の運用が特徴。現在も巨額の資金運用に従事している。米国証券アナリスト(CFA)。


初心者でもできる安心投資の鉄則

はじめの投資は安全第一!安心してできる投資法にトコトンこだわりました!大手金融機関のプロが、自分の会社でも薦めない投資商品をこっそり教えます。

「初心者でもできる安心投資の鉄則」

⇒バックナンバー一覧