ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

SNSで嫉妬と承認欲求にまみれてムダに不幸になっていないか?

宮崎智之 [フリーライター]
【第43回】 2017年2月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
楽しくて愉快になるためにSNSを利用しているはずなのに、自分を惨めな存在だと実感してしまうことも

SNSの「楽しくて愉快な情報」は、他人の不幸?

 今や生活になくてはならないツールとなったSNS。友人との交流や情報収集、そして自己を表現する手段として、私たちの日常に深く根ざしたものとなっている。

 しかし、SNSは本当に私たちを幸福にしただろうか。確かにSNSは便利だが、そのぶんトラブルに巻き込まれたり、他人への嫉妬心に苛まれたりする機会も増える。

 カスペルスキー・ラボが2017年1月19日に発表した調査結果 (日本を含む世界18ヵ国1万6750人の男女を対象に実施)によると、60%の回答者が「楽しくて愉快な情報を見るために、ソーシャルメディアを利用している」と回答している。

 しかし、実際にはSNSを利用することで、嫌な目にあうこともある。同調査で特に目に付いたのが、「自分の誘われていないパーティーやイベントに友達が行っているのを見た」(59%)、「他の人が自分より良い人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行など)」(57%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(45%)といった、他人の投稿により嫉妬心がかき立てられてしまう人が多い現状である。

 ここで大きな矛盾が発生してしまう。楽しくて愉快な情報を見るためにSNSを利用しているはずが、他人の「楽しくて愉快な情報」は、自分にとって楽しくも愉快でもないのである。ならば、「他人の不幸は蜜の味」とばかりに、炎上して袋叩きにあっている人を鑑賞することが「楽しくて愉快な情報」ということなのだろうか。

 仮に、「楽しくて愉快な情報」の中身が、他人の不幸を見て自分の優位性を確認することなのだとしたら、SNSを利用する人の性格は最悪だということになる。もしくは、SNSが登場したことによって、人間の持つ嫉妬心が顕在化されやすくなっただけなのだろうか。いずれにしても、殺伐とした風景であることには変わりない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧