ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか?
【第18回】 2017年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上尚己

【予測】ドル円&日本株は「米利上げ回数」でこう動く!

1
nextpage

ドル円為替相場や日本株の今後を左右する最もわかりやすい指標は「米FRBによる利上げ回数」である。「トランプ相場」の到来を的中させた外資系金融マーケット・ストラテジストの村上尚己氏は、それぞれの局面でどのような予想をしているのか? 最新刊『日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか?』から一部をご紹介しよう。

3回目の「大幅円安」は期待できるか?

ドル円相場と株価の動きが連動していること、そして為替はマネーの量を左右する日米両国の経済政策によって動くことはすでに以前の連載で解説したとおりだ。したがって、ドル円や株価の大きなトレンドは、日本と米国の経済政策、なかでもマネーの量に直結する金融政策を見ていれば、大きく見損なうことはまずない。

※参考
日本株マーケットは「異常」だからこそ儲けやすい
―ドル円相場と日経平均株価はなぜ連動しているのか?
http://diamond.jp/articles/-/116543

「トランプ円高論」はマネーの基本をわかっていない!!
―円の価値は「○○」が決めている
http://diamond.jp/articles/-/116538

過去の大きな値動きを見ながら、そのことをまずは確認してみよう。

ドル円相場と日米経済政策の推移

上の図を見ればわかるとおり、ここ5年間ほどで大幅な円安が起きたのは「2012年末~2013年春(1ドル80円前後→100円台)」と「2014年末~2015年半ば(1ドル100円前後から125円付近)」の2回である。そして、今回のトランプ相場が「3回目」になると私は考えている。

1回目の円安はとてもシンプルだ。民主党の野田首相が国会解散を突如宣言した2012年11月半ばから円安が始まり、12月半ばに経済政策のレジームチェンジを掲げた安倍首相が誕生するまでの過程で1ドル90円前後までの円安・ドル高が進んでいる。

さらに安倍首相は、従来から日銀の政策を強く批判してきた経済学者の浜田宏一氏(イェール大学名誉教授)を内閣官房参与に、黒田東彦、岩田規久男両氏を日銀の新たな総裁・副総裁に据える人事を断行。政府と日銀のあいだでは2%のインフレ目標協定が実現し、2013年4月からベースマネーを2倍に拡大させる大規模な量的・質的緩和(QQE1)がはじまると、ドル円相場は一挙に100円台の大台に乗せた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/9~4/15)



村上尚己(むらかみ・なおき)

アライアンス・バーンスタイン株式会社 マーケット・ストラテジスト
1971年生まれ、仙台市で育つ。1994年、東京大学経済学部を卒業後、第一生命保険に入社。その後、日本経済研究センターに出向し、エコノミストとしてのキャリアを歩みはじめる。
第一生命経済研究所、BNPパリバ証券を経て、2003年よりゴールドマン・サックス証券シニア・エコノミスト。2008年よりマネックス証券チーフ・エコノミストとして活躍したのち、2014年より現職。独自の計量モデルを駆使した経済予測分析に基づき、投資家の視点で財政金融政策・金融市場の分析を行っている。
著書に『日本人はなぜ貧乏になったか?』(KADOKAWA)、『「円安大転換」後の日本経済』(光文社新書)などがあるほか、共著に『アベノミクスは進化する―金融岩石理論を問う』(原田泰・片岡剛士・吉松崇[編著]、中央経済社)がある。また、東洋経済オンラインにて「インフレが日本を救う」を連載中。


日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか?

「トランプなのになぜか株高・円安…」の真相とは? 「株価2万円」&「1ドル125円超え」のタイミングは? 「トランプ相場」を的中させた外資系金融マンが「ニュースのウソ」を斬る。「トランプ大統領誕生で日本経済がどうなる?」がいちばんわかる本!

「日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか?」

⇒バックナンバー一覧