ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
逆境から生まれるイノベーション
【第1回】 2011年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

起業家精神と「クラウド型技術」は、
震災を乗り越える契機となるのか?

1
nextpage

2011年3月11日。

巨大地震と大津波によって、ほぼすべてのインフラと行政サービスが機能麻痺に陥る中、異彩を放った「新しい動き」があった。

ツイッターやフェイスブックなどの「ソーシャルメディア」、災害情報や支援情報を瞬時に集約した「クラウド型技術」、そして寄付市場で起こりつつある変動。

本連載では、震災という逆境の中でこれらの技術が劇的に進化を遂げる様を描き出し、そこから、日本の新たな社会像を模索していく。

 

「奇跡」を実現した社会起業家からのエール


“My thoughts are with you and the people of Japan.”
「私の心は、震災と立ち向かう日本の人々と共にあります」


  ニューヨークから一通のメールが届いた。東日本を襲った大震災の翌日のことだ。

 差出人はエルミラ・ベイラズリ氏。国際協力の分野で驚異的な成果をあげるアメリカのNGO、エンデバーで政策担当副代表として活躍した女性だ。彼女は米国国務省でボスニア・ヘルツェゴビナ担当の主席広報官を務めた後、エンデバーに参画する。

 エンデバーは「奇跡」を実現したNGOの一つだ。たった、十数年間の活動で、ブラジルから、エジプト、南アフリカに至る世界11か国にまで活動を広げ、直接的な経済効果は年間35億ドル(約3000億円弱)に達し、これまで13万人以上の雇用の創出に貢献したという。アメリカの経済成長の原動力となった起業家とベンチャー企業に注目し、「起業家精神を輸出する」というコンセプトのもとに途上国の経済開発を支援する。

 非営利の世界に身を投じてからずっと、僕はエンデバーの活動に憧れ続けていた。営利と非営利の狭間を自由に行き来し、人々が欲する変化を圧倒的な規模で実現していたからだ。僕にとって、エンデバーは最も優れたベンチャーキャピタルであり、また、最も優れた国際協力機関だった。

 その僕に、偶然の出会いが訪れる。訪米使節団の一員としてエンデバーを訪れた友人から、彼女との座談会に招待されたのだ。国際社会における日本の役割、ベンチャービジネスと非営利の世界の融合、両者に求められる変化――。短いながらも実のある対話を交わし、彼女と意気投合する。

 震災後、彼女と連絡を取るうちに、「日本の状況を世界に伝えたい」という内容に話は変わっていく。その翌日――震災からわずか2日後――、僕は彼女とスカイプで会話をしていた。たった数十分だったが、その会話は彼女がフォーブズで連載するコラムに変わった。

 彼女のコラムは、日本人が持つ潜在的な力を的確に指摘していた。「彼女の温かい語り口と鋭い考察は、今の僕らの活動を勇気づけるだけではなく、今後の日本の活動の指針になる」。そう僕は直観して、震災の余波が押し寄せる中、あえて翻訳に取り組むことにした。

 ここから、彼女のコラムを引用しつつ、震災を機に明らかになった日本人の力とは何なのか、そしてこの未曾有の危機の中で何をなすべきなのか考えていこう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

社団法人wia代表理事/経営コンサルタント。
大学卒業と同時に経営コンサルタントとして独立。以来、社会起業家の育成や支援を中心に活動する。 2009年、国内だけの活動に限界を感じ、アジア各国を旅し始める。その旅の途中、カンボジアの草の根NGO、SWDCと出会い、代表チャンタ・ヌグワンの「あきらめの悪さ」に圧倒され、事業の支援を買って出る。この経験を通して、最も厳しい環境に置かれた「問題の当事者」こそが世界を変えるようなイノベーションを生み出す原動力となっているのではないか、という着想を得、『辺境から世界を変える』を上梓。
2011年6月末より、東北の復興支援に参画。社会起業家のためのクラウドファンディングを事業とする社団法人wiaを、『辺境から世界を変える』監修者の井上氏らとともに9月に立ち上げた。
twitter : @tetsuo_kato


逆境から生まれるイノベーション

2011年3月11日。

巨大地震と大津波による壊滅的な被害によって、ほぼすべてのインフラと行政サービスが機能麻痺に陥る中、異彩を放った「新しい動き」があった。

様々なクラウド技術、ツイッターやフェイスブックなどの「ソーシャルメディア」、災害情報や支援情報を瞬時に集約した「クラウド型技術」、そして寄付市場で起こりつつある変動。

本連載では、震災という逆境の中でこれらの技術が劇的に進化を遂げる様を描き出し、そこから、日本の新たな社会像を模索していく。

「逆境から生まれるイノベーション」

⇒バックナンバー一覧