ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

自己アピールが控えめな日本人はもったいない!
グローバル企業では、個人の市場価値を
言語が規定するという真実
――コールマンジャパン社長 リチャード・ギルフォイル氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第4回・後編】 2011年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
家族で過ごす週末のひととき。広い青空の下でBBQグリルを囲めば、誰もが笑顔になり、日常の会話も自然とはずむ www.coleman.co.jp

国内需要の低迷、そしてインド、中国などのアジア商圏の台頭…これから日本の企業はグローバル化を推進し、国際競争力を高めなければ世界市場での立場を失いかねない。その時にネックとなるのが、英語力の弱さ。今後の日本の企業人の行く末を、110年の歴史があるアウトドア用品の筆頭ブランド、コールマン社長のリチャード・ギルフォイル氏が読み解く。

化粧品メーカーで20~30代に世界中を回る
柔軟なフットワークが広い視野をつくった

南 ギルフォイル社長が25才でチャンスを掴んでからの、化粧品メーカー ヘレナ ルビンスタインでのキャリアを教えてください。

リチャード・ギルフォイル
1948年米国生まれ。14才から18才まで日本で過ごしたほか、日本での生活は約40年。ゴンザガ大学(米国)卒業後の1971年、日本で就職。その後、化粧品メーカー ヘレナ ルビンスタインに入社し、世界各地でマーケティング責任者を歴任。1988年にジレットジャパンインコーポレイテッドに入社、1992年に同社社長に就任、2000年よりコールマンジャパン株式会社の代表取締役社長に就任。現在はアジア・パシフィック地区の社長を兼任。

ギルフォイル 一言で言えば、マーケティングの責任者として、女性を美しくする仕事でした。日本、ニューヨーク、ベネズエラ、オーストラリア、アジア太平洋地域、南アフリカまで回ることができました。14年もの間、とても充実した毎日を過ごすことができました。あちこち行った分、視野も広りましたし、自分のキャリアにもプラスになることばかりでした。

 オーストラリアに移って3年目のある日、当時34才だったのですが、ニューヨークのヘッドハンターから電話が入って「とある会社がどうしても君に日本に来てほしいと言っているのだが、行ってくれないか?」という話を聞いたのです。それは化粧品業界の競合会社でした。私の妻は日本人なのですが、その時、ちょうど妻の母親がすごく具合が悪かったこともあって、どことなく運命的な帰国をすることに決めました。

 するとまた、ちょうどよい転機が来たのです。ジレットが日本代表を探しているということだったのです。非常にいいタイミングにいいボスに巡り合ってジレットジャパンに入り、入社後4年目で社長になりました。

南 なるほど、前職と同じ美容業界だったから、という入り方ではなかったのですね。

ギルフォイル それから11年間で日本のマーケットシェアを3倍に伸ばしました。売り上げのほとんどが海外拠点だったこともあって、グローバルな企業経営をたくさん学ぶこともできました。そしてまた、今度はブラウンという会社からジレットの吸収合併の話が来たのです。しかし契約上、そうなると私は社長の職ではなくなります。なので、「私は単なるバスの乗客でいるのは嫌なんだ。自分で運転できないなら、私からバスを降ります」と伝えてジレットを去りました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧