ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代からの人生の折り返し方 野田稔

40代から別分野でプロを目指すには「社会人基礎力」がカギ

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第46回】 2017年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
わずか1ヵ月の合宿授業で即戦力として働ける技術が習得できるといった「寿司和食インターナショナルアカデミー」のように、近年は合理的な指導法を取り入れることで、短期間で基礎的な技能を教え込んでいる学校もたくさんあるようです(写真はイメージです)

40歳を過ぎてから
別の分野でプロを目指す

前回、プロフェッショナルとしての存在意義の拡大という話をしました。今回は、人生の半ばからそれまでとは違う領域でプロになれるのか、という話をしたいと思います。

 多くの方は大学を卒業したばかりの頃は、まだ何かのプロになっているというわけではないでしょう。日本に比べて海外では、出身学部と職業の間により密接な関係があります。その観点から言えば、大学卒業後、すぐにプロのスタートラインに立っているという感じなのでしょう。

 日本でも理系の修士レベルであれば、比較的出身学部と仕事内容とは互いに連関している場合もあるし、博士レベルであれば、研究職として学んできた学問と仕事がかなり密接に紐づけられます。

 しかし、文系学部の場合は仕事と出身学部の間には関連性はほぼなく、様々な企業に、ホワイトカラーのいわゆる“ゼネラリスト”として採用されることが多いのではないでしょうか。

 いずれにしても会社に入りたての20代はキャリア成長論(第20回「50歳を過ぎても成長できる人は、40代までをこう過ごす」等参照)で繰り返し述べているように、これからようやく型にはまる時期ですから、プロというよりは見習いです。

 実際にプロを目指すのは30代からでしょう。日本企業で一角(ひとかど)の存在になるにはとても長い時間がかかるわけです。

 今、本連載をお読みの方は40代以上の方が多いでしょうから、皆さん一角のプロとして、すでにそう簡単には他者が真似のできない仕事をされているものと推察します。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


40代からの人生の折り返し方 野田稔

40代は時計で言えば、ちょうど昼の12時を回った人生の午前中が終わったばかりだ。人生折り返し、1日に例えれば、午後をいかに過ごすか。黄昏が訪れる前に上手に人生を折り返す方法をこの連載では考える。

「40代からの人生の折り返し方 野田稔」

⇒バックナンバー一覧