ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
10年後、君に仕事はあるのか?
【第3回】 2017年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤原和博

たくさん「恥」をかいた子どもが「雇われる力」を身につける

1
nextpage

AIの台頭や一層のグローバル化、就活の地殻変動などの影響で到来する「仕事が消滅する時代」。そんな時代に向けて必要な「子育て」とは?「高校生に語りかける」形式が読みやすいと保護者からも話題になっている教育改革実践家・藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか?』の内容から、「恥」をかくことの重要性を解説する連載第3回。

無謀に生きて経験値を貯めよう

 10代、20代は、いっぱい恥をかかなきゃダメなんだよと、ことあるごとに生徒には語るようにしています。学校でも、大学でも、会社でも、海外に行ったときも。

 なぜなら、恥をかけばかくほど、君の「経験値」が上がり、クレジットが蓄積されるからです。実際のロールプレイング・ゲームでも、何度も対戦して攻撃方法を覚え、経験値を積みながら次のステージに行くでしょう。

 君たちには、できるだけ「間違うと恥ずかしい」「叱られちゃいけない」「失敗するのは恥だ」という感覚を捨ててもらいたいのです。ただし、なんでも好き勝手にしていいという意味ではありません。

 「できるだけ他人には迷惑をかけない」とか「人が嫌だと思うようなことはしない」とか「その場の空気を読む」というような、学校の先生が生徒指導でよく指摘することは、できないより、できたほうがいいです。

 でも、そのメッセージを過剰に受け取って「恥」の感覚を強くしすぎちゃうと、何もチャレンジできない人になってしまうリスクがあります。

大事なので繰り返しますが、もっと間違っていいし、叱られていいし、失敗していいんです。そうして恥をかきながら「経験値」を積んで、自分の世界観を広げていきましょう。

 敵と対戦しながら、ゲームのステージを次々に登るのと一緒です。

「恥」と「嫉妬」に縛られる日本人

 日本の社会システムには、農業を中心とした村社会だった頃の「村の平和のための安全装置」がまだ働いています。

 たいていの人は意識してないんだけれども、日本人は、その村社会の歴史的なしがらみにいまだに縛られているんです。何が君たちを縛っているか。大人たちも含めて、何に呪縛されているのか。

「恥」と「嫉妬」という感覚です。

 村のボスの立場になってみてください。

 「叱られるのが恥ずかしい」と思わせておけば、村人はあまり羽目を外さないし、みなに標準的な振る舞いを身につけさせるには好都合でしょう。日本人は大人になって社会に出てからも、「叱られるのは恥だから、叱られないように」というきわめて学校的なルールで一生を生きているのだと指摘する評論家もいます。

 また、何かラッキーがあったり、良い条件が得られたり、突出した能力を発揮するような人に対しては「嫉妬」という心理が働いて、「出る釘は打たれる」ということわざ通りに村人からバッシングを受けることになります。これなんか、いまだに繰り返されていることに君も気づくでしょう。

 大成功した有名人が、お金や男女関係などのちょっとしたいざこざをキッカケにマスコミから大バッシングを受けて、その世界を追放されるようなことも、絶えず起こりますよね。次は誰が魔女狩りの犠牲になるのか、楽しみにしている人もいるんじゃないかな。ネット依存症の人などは、こういう機会を狙って悪口の限りを書き連ね、ストレス発散したりもします。

 日本の社会では、「嫉妬」が警察官の役割を果たしているとする学者もいるんです。言い得て妙ですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



藤原和博(ふじはら かずひろ)

教育改革実践家。奈良市立一条高等学校校長。元リクルート社フェロー。1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。メディアファクトリーの創業も手がける。1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校の校長を務める。2008年~2011年、橋下大阪府知事の特別顧問。2014年から佐賀県武雄市特別顧問。2016年、奈良市立一条高等学校校長に就任。 『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(いずれも、筑摩書房)など人生の教科書シリーズ、『35歳の教科書』(幻冬舎)、『坂の上の坂』(ポプラ社)、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)など著書多数。

 


10年後、君に仕事はあるのか?

近い将来、AIの台頭や一層のグローバル化、就活の地殻変動などの影響で到来する「仕事が消滅する時代」。そんな時代に必要とされるのが、「雇われる力」(エンプロイアビリティ)だ。 本連載では、教育改革実践家である藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか?』(ダイヤモンド社)の内容をもとに、2020年代の近未来を生き抜くための「雇われる力」の身につけ方をお伝えする。若手ビジネスパーソンや中高生の子どもを持つ保護者には、ぜひ一読していただきたい内容だ。

「10年後、君に仕事はあるのか?」

⇒バックナンバー一覧