ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
【第2回】 2011年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者]

ストレスを感じるのは、頭の中で自分以外の領域に
踏み込んでいるから
「ワーク」の基本的な考え方・その2

1
nextpage

「新しい世紀の精神的革新者」(『タイム』誌)等、メディア・著名人が絶賛する「ワーク」の基本的考え方、その2――世界には「私の領域」「あなたの領域」「神の領域」(現実)の三領域しかなく、自分以外の領域に踏み込むのをやめ、自分自身の領域にとどまれるようになると、劇的に人生が解放される。
 (連載第1回と、著者のインタビュー映像はこちら

2 自分自身の領域にとどまる

 世界にはたった三種類の領域しかありません。私の領域、あなたの領域、そして神の領域です。私にとって、神という言葉は「現実」を意味します。現実こそが世界を支配しているという意味で、神なのです。私やあなた、みんながコントロールできないもの、それが神の領域です。

 ストレスの多くは、頭の中で自分自身の領域から離れたときに生じます。

 「(あなたは)就職した方がいい、幸せになってほしい、時間通りに来るべきだ、もっと自己管理する必要がある」と考えるとき、私はあなたの領域に入り込んでいます。

 一方で、地震や洪水、戦争、死について危惧していれば、神の領域に入っていることになります。私が頭の中で、あなたや神の領域に干渉していると、自分自身から離れてしまうことになります。

 私がこのことに気づいたのは、一九八六年の初め、頭の中で母の領域に入り込んだときです。例えば、「母は私を理解すべきだ」という考えをもつと、たちまち孤独感に襲われたのです。

 私の人生を振り返ってみると、傷ついたり、孤独に感じたりしたのはいつも、誰かの領域に踏み込んでいるときであることに気づきました。
 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


Photo: Scott London

バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者]

1986年に「現実に目覚める」体験をして以来、世界31言語、数百万もの人々にワークを紹介。公開イベントの他、ビジネス、大学、学校、教会、刑務所、病院などで活動している。著書に、全米ベストセラーの『ザ・ワーク』(ダイヤモンド社)、『探すのをやめたとき 愛は見つかる』(創元社)など。

ウェブサイト www.thework.com/nihongo


ザ・ワーク 人生を変える4つの質問

1986年以来、世界で何百万もの人々の心を救った「ワーク」とは? シンプルな4つの質問を投げかけることで、自分の中にある本当の答えが見つけられ る。アンソニー・ロビンズ、神田昌典はじめビジネスリーダーから心理学者・医学者までもが注目する、心を解放する手法の基本的な考え方5つのポイントを、 著者が語る。

「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」

⇒バックナンバー一覧