ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
バブルさんとゆとりちゃん

一見優しそうなのに、部下に冷酷で無関心!
最もやりづらい氷河期上司のドライな生態

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]
【第22回】 2011年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

周囲から見て「困った人」とレッテルを貼られやすいバブル世代の“バブルさん”、ゆとり世代の“ゆとりちゃん”。当連載では、そんな2つの世代を対象に、就職氷河期世代の“氷河期くん”(またはその他の世代)が会社の人間関係をどううまく対処すべきなのかを研究していく。親愛なるバブルさん、ゆとりちゃん、どうか温かい目で見守って欲しい。そして同志である氷河期くんには、ぜひ考え方の合わない上司&部下に対処するときに、参考にしていただきたい。

毎回バブル世代、ゆとり世代に登場いただいているが、本日は番外編として、同世代である氷河期くん、小山さん(30歳、男性、広告会社勤務)にご登場いただいた。小山さんとは学生時代からの付き合いであるが、私たちの仲間内で最も所得が高く貯蓄が多く、そして7年付き合った彼女と紆余曲折の末、今年結婚予定(と言うことはつまり、日本人的な価値観として最も成功しているということだ)、趣味はジャズ鑑賞からアウトドアまで幅広く、友だちや部下の面倒見も良い。

そんな一見死角がないように見える小山さんに話を聞くことにした今回だが、実は裏テーマとして“氷河期上司のドライさ”が隠されている。バブルさんよりタチが悪いかもしれないこの世代の上司の攻略の難しさを、同世代として包み隠さず表現したいと思う。

<今回の氷河期くん>
小山裕介さん(仮名)
年齢:31歳(1980年生まれ)
業種:広告代理店勤務
職種:ディレクション&法務関係
出身地:東京都(多摩地区)、現在の居住地:世田谷区
婚姻:独身、今年9月に結婚予定
最終学歴:大卒(法学部)

年収1350万円の氷河期上司の
20人の部下をうまく動かす意外な方法

――月に一回ぐらいお会いしている小山さんに改めていろいろ聞くのは変な感じなんですが、まずは現在の職場環境を教えてください。

 某広告代理店で働いています。職種は、各種クリエイティブの制作管理と、法務関係のもろもろを行っています。現在の広告はメディアミックスと言いますか、例えばポスターとCMとネット広告やステルスマーケティング(※)etc.……といった様々なものをどう分散させるか、と言った複合的な視点が必要なので、そのあたりのことを専門にやっています。法務については、もともと映画の配給会社に入社したかったので、海外映画の使用権などを勉強するために法律を学んでおりまして、それが縁でコンテンツ全般の法務も司っています。一度、スキルアップのために通信キャリア某社に転職した以外は、9年間この会社で仕事を続けています。

(※)広告じゃない宣伝行為の総称。タレントブロガーがある商品を急に良いと褒めだしたり、テレビのワイドショーで今コレが話題、と銘打っているものには要注意。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]

ロスジェネ世代(1981年生)の編集・ライター。フリーライター、編集プロダクション勤務を経て2008年より株式会社プレスラボを起ち上げる。著書に『エレベスト』(戎光祥出版)。web上のニュースサイト「下北沢経済新聞」編集長。「GetNavi」(学研)誌上で『コンビニ研究室』連載中。他に「日経トレンディネット」「COBS ONLINE」「R25」「サイゾー」など主にネット媒体で執筆中。起業したのは旺盛な独立心と言うよりも、むしろサラリーマンの職場における煩わしい人間関係から逃げるため。
ツイッター:@umeda_kazuhiko


バブルさんとゆとりちゃん

職場は世代間ギャップの宝庫だが、そのなかでも他の世代から槍玉に挙げられやすいのが「バブル世代」と「ゆとり世代」。そんな2つ世代の職場での生態を解き明かすとともに、彼らとの上手な付き合い方を探っていく。

「バブルさんとゆとりちゃん」

⇒バックナンバー一覧