ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
まんがでわかる 伝え方が9割
【第7回】 2017年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

トランプ大統領も『サイコパス』?!
中野信子×佐々木圭一(後編)

1
nextpage

シリーズ105万部突破の大ベストセラー『伝え方が9割』の著者で、先ごろ発売された『まんがでわかる伝え方が9割』も好評の佐々木圭一さんと、脳科学者で著書も多数、近著の『サイコパス』が話題となっている中野信子さんの対談が実現。「子どもの頃に、コミュニケーションについて悩んだ」という共通経験から盛り上がり、お互いの書籍の話、脳の話と話は多岐に渡りました。
(構成/伊藤理子 撮影/小原孝博)

世の中を騒がせている人は、サイコパス度が高いのか?

佐々木 中野さんの『サイコパス』、拝見しました。表紙を見た時に、びっくりしましたよ。「サイコパス」「中野信子」と並んでいて、中野信子はサイコパスなのか!? と(笑)。これ、狙っているんですか?

中野 思ったでしょ?(笑)編集さんと考えたんです。ちょっと含みを持たせようと。

中野信子(なかの・のぶこ)
脳科学者。東日本国際大学特任教授、横浜市立大学客員教授。1975年生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。医学博士。2008年から10年まで、フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務。著書に『脳内麻薬
人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』(幻冬舎新書)ほか。

佐々木 その辺は、あまり明らかにしちゃまずいですか?

中野 見てのお楽しみですね(笑)。本の中に、「サイコパスチェックリスト」が載っているんですが…。

佐々木 最後のほうにありますね。

中野 このチェックリストはあくまで参考ですが、そこそこ高く出るという感じですね、私。

佐々木 なるほど(笑)。なんでサイコパスをテーマに本を書こうと思われたんですか?

中野 今世の中を騒がせている人たちのことを分析すると、共通の特徴があるんです。それってサイコパスじゃないかと議論になりまして、本にしようという話になったんです。DSMという診断基準があるんですが、それでいくとサイコパスは反社会性人格障害と分類されるカテゴリーのうちの一部なんですよ。

 反社会性というのは、社会に対して「反社会」なのでその社会のルールを逸脱する、ないしはその社会を壊すという性質を持った人たちです。とても暴れん坊で、テロリストのように秩序を破壊していったりするイメージがあると思いますが、サイコパスはそんなやり方はしません。もっと巧妙な方法で、人間関係を破壊したり、ちょっとずつみんなの利益、苦労、努力を搾取して、自分だけ得をするというような生き方をするんです。

佐々木 そうなんですか…。

中野 搾取されている側は、初めはそれに気付かないんですね。なぜなら、サイコパスは人間に擬態しているから。「あの人だったらいいわ」というような魅力を持った人であることが多いんです。…他国のトップリーダーに対して大変失礼ですが、おそらくドナルド・トランプ大統領は特徴的だなと思うことがあります。サイコパスの特徴に、「フィアレスドミナンス」(恐れ知らずの支配性)という尺度があるのですが、アメリカの歴代大統領の人格を分析すると、みんな高いんです。

佐々木 本書でも触れていましたね。ケネディ大統領もサイコパスだったのではないかと。

中野 ケネディ大統領、確かフェアレスドミナンスの高さ、歴代大統領の中で2番目じゃなかったかしら。

佐々木 怖いものがないということなんですか。

中野 そうです。脳には恐れを感じる「扁桃体」という領域があるんですけれど、その機能が低いんです。

佐々木 つまり、気軽に大胆なチャレンジをしてしまうと。

中野 おっしゃる通りです。皆が怖がることでも、勇敢にやっているように見える。皆が「それは慎重にやったほうがいいよ」と言っても、気軽にポンと決めてしまう。そこに潔さや気持ちよさを感じる人が、支持するんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


まんがでわかる 伝え方が9割

かんたんなのに、すぐ使える“伝え方の技術”を紹介し、シリーズ92万部突破の大ベストセラーとなった『伝え方が9割』。ついに、まんが版が発売です!原作が『伝え方が9割』だけに、するする読めて、わかりやすい!この物語は、伝えベタな編集者、五十嵐舞が、謎のオネエに出会うことから始まります。実は、「伝え方」には法則があって学べることを知り、困難を乗りこえていくストーリー。まんがを読むだけで、ベストセラー『伝え方が9割』が身につきます。ここでは『まんがでわかる 伝え方が9割』の中の名場面から、か “伝え方の技術”をご紹介していきます。

「まんがでわかる 伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧