ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いつもの服であか抜ける
【第4回】 2017年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
山本あきこ [スタイリスト]

Aラインのカラフルなスカートは「使える」アイテム

シンプルな服同士を合わせると、生活感が出て野暮ったくなってしまう。服を着たときに、そう感じることはありませんか?
若いときは若さでどんな服でも似合いますが、年をとると、服を着るのにはテクニックが必要になります。ただ着ているだけでは「あれっ」という風になるのです。
でも、それは簡単な着こなしで解決できます。新しい服を買う必要なんてありません。すでに自分の持っている服を、少しの知識で驚くほどおしゃれに着ましょう。
教えてくれるのは、「シンプルな服を驚くほどおしゃれに見せる」ことに定評のある山本あきこさん。ベストセラーになった『毎朝、服に迷わない』から、朝2分でできる簡単なテクニックをご紹介します。

Aラインのカラフルなスカートは、とても使える

今年の春は、写真のような鮮やかな色や花柄などのAラインスカートが流行していますね。
こんなスカートは、着ているだけで華やかで、おしゃれ感が出るので、持っておくと便利です。
実際にコーディネートするときには、トップスに黒やグレー、白、ボーダー(白×黒)などのベーシックカラーのものを合わせること。
これさえ守れば、ピンクや緑など、どんな鮮やかな色、華やかな柄のスカートでも、何でも合います。
Aラインスカートは上品さが出るアイテムなので、身に着けると品がよくまとまります。
写真は、トップスがネイビーです。

スカートが青なので、トップスにネイビーを持ってきても、「同色コーデ」になって同じ色としてまとまります。

また、バッグに巻いたスカーフもネイビーなので、これも同色の一種です。
この写真のように赤のパンプスをこの色に合わせると、「赤、白、青」のトリコロールカラーにもなって清楚なイメージになります。

また、柄のスカートのトップスの色を合わせるときに、「その柄に入っている色をリンクさせる」のも使えるテクニックです。
たとえば、スカートの中に黄色が入っていたら、バッグやカーディガンを黄色にしたりするとあか抜けます。
柄のスカートは、たくさん色が入っていればいるほど拾える色も増えるということですので、色が入っていればいるほどおしゃれがしやすいスカートとも言えます。

チェーンバッグはネックレスだと思う

チェーンバッグの鉄則は、このバッグを「アクセサリー」だと思って持つことです。
なぜかというと、「チェーン」自体が立派なアクセサリーだからです。
だから、チェーンを斜め掛けにする場合は、胸元のアクセサリーはなしにしてください。
斜め掛けにしない場合でも、チェーンの主張があるので、胸元のアクセサリーはさらっとシンプルなものにしましょう。
または、耳と腕にだけつけるだけで十分です。
アクセサリーとして扱う、ここが最大のポイントです。

また、アクセサリーとして使うので、小さければ小さいほど可愛いです。
中に入れるお財布を小さいものにチェンジするといいですよ。
面積が小さいので、思い切り派手なカラーや柄を選んでアクセントに使ってください。
もし、荷物が全部入らない!というなら、シンプルな白やきなりのサブバッグとの2個持ちがおすすめです。

写真のコーデに使ったチェーンバッグのように、少しくすみのあるグレーがかったピンクをダスティピンクといいます。
この色は、どんな色でも中和してつないでくれる「中間色」なので、どんなコーデにも使いやすいです。
写真のような全身白のコーデに合わせると、上品な印象になりますよ。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



山本あきこ [スタイリスト]

スタイリスト。1978年生まれ。
女性誌や広告など多くのスタイリングを手がけながら、「女性にとても大切な外見力をあげるため、服の買い方や見せ方を、一般の人でもプロのスタイリストに気軽に相談できる場をつくりたい」と、2013年より毎月個人向けのパーソナルスタイリングや、スタイリングを教える講座など行う。それ以来、予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れない」スタイリストに。
ママ雑誌やぽっちゃりさん向けの雑誌、OL向けの雑誌など、あらゆる年齢や体型などにスポットをあてた媒体で、モデルだけではない様々な人たちに似合うスタイリングに定評がある。多くの経験に基づくルールを持ち、シンプルな洋服を主体に、小物で味つけしたスタイリングで、瞬く間にその人本来の魅力を引き出すファッションを得意とする。今までつくってきたコーディネート数は15万を超える。
スタイリングを受けると「朝、服に悩む時間が減った」「やせた? と言われた」「結婚がきまった」「仕事で昇格した」という女性が続出中。処女作の『いつもの服をそのまま着ているだけなのに、なぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)はベストセラーとなる。


いつもの服であか抜ける

大人気スタイリスト山本あきこが教える「いつもの服であか抜ける」方法です。「家にある服」が、スタイリストのテクニックを使うと、「これ私のいつもの服だっけ!?」と驚くほどおしゃれなコーディネートに変わります。色の合わせ方、アクセサリーの使い方、それに着こなしで大変身。何も買い足さなくても、春のイメージチェンジをしましょう。

「いつもの服であか抜ける」

⇒バックナンバー一覧