ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPRINT 最速仕事術
【第5回】 2017年5月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー,ブレイデン・コウィッツ,櫻井祐子

5日でコレを全部やる!?グーグル発「超合理的」な仕事術

1
nextpage

グーグルで開発された究極のスピード仕事術「スプリント」。グーグルとGV(グーグル・ベンチャーズ)が成功を生んできたその超合理的なノウハウを、開発者自身が手取り足取り公開した話題の新刊『SPRINT 最速仕事術』。世界で衝撃をもって迎えられ、23ヵ国で刊行の世界的ベストセラーとなっている。本連載では、仕事を「最速化」し、大きな成果を出し続けるそのノウハウについて徹底的に迫る。第5回の今回は前回に続いて日本版のイントロダクションを紹介、「スプリント」の具体的な段取りが明らかになる。

たった5日ですべてを生む「驚異の仕事術」の段取り

 ハイテク企業サヴィオークの「スプリント」の様子を紹介しよう(「スプリント」の詳細については、こちらの記事も参照)。ロボットエンジニアじゃない人も、心配はいらない。僕らはソフトウェアやサービス、マーケティングなどの分野にも、同じスプリントの手法を使っている。

 まず最初に、チームのメンバーは丸一週間の予定をすっかり空けた。月曜日から金曜日まで、すべてのミーティングをキャンセルし、メールに「外勤中」の自動応答メッセージを設定して、一つの問題に全力を注ぐことにした――「ロボットに人前でどんなふるまいをさせるべきか?」

 次に期限を設定した。ホテルとの間で、スプリントウィークの金曜日に試験運用を行うことをとり決めた。チームにプレッシャーがのしかかった。試験運用の日までの4日間で実用的なソリューションをデザインし、プロトタイプを作成しなくてはならない。

 月曜日、この問題についてわかっていることをすべて洗い出した。スティーブは、ホテルがゲストの満足度をとくに重視し、常時計測、追跡しているのだと、全員に説明した。もしリレイの試験運用中にホテルの顧客満足度が大幅にアップすれば、大きな受注が転がり込むだろう。だが満足度が変わらないか下がりでもして注文が入らなかったら、新規事業は暗礁に乗り上げる。

 僕らは重大なリスクを特定するために、「マップ」をつくった。

 マップとは物語のようなものだ。ゲストがロボットと出会い、ロボットはゲストに歯ブラシをわたし、ゲストはロボットに夢中になる。このなかに、ロボットとゲストが初めて出会う、決定的瞬間がある。たとえばロビー、エレベーターのなか、廊下など。

 では、僕らはどの瞬間に力を注ぐべきだろう? スプリントはたった5日間だから、具体的な瞬間をピンポイントで絞り込まなくてはならない。スティーブは「お届けの瞬間」を選んだ。これをきっちりやれば、ゲストを喜ばせることができる。だがしくじれば、フロントデスクは混乱した客への対応に一日中追われるだろう。

 ある大きな懸念がくり返しもちあがった。ロボットが実際以上にかしこく見えるとまずいことになる。「みんなC‐3POやウォーリーに慣れちゃってるからな」とスティーブはこぼした。「ロボットには感情や計画、希望、夢があると思い込んでいる。うちのロボットはそこまで進んでいない。ゲストが話しかけても返事は返せない。がっかりさせたらおしまいだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    キーワード  Google , sprint
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    ジェイク・ナップ(Jake Knapp)

    GV(旧グーグル・ベンチャーズ)のデザインパートナー。「スプリント」の生みの親。これまで23andMe、スラック、ネスト、ファンデーション・メディシンなどのスタートアップとともに、のべ100回以上のスプリントを行っている。GVに加わる前はグーグルでGmailからGoogle Xに至るあらゆるプロジェクトのスプリントを指揮していた。現在世界で最も背の高いデザイナーの一人である。

    ジョン・ゼラツキー(John Zeratsky)

    GVのデザインパートナーとして、モバイルアプリから検査報告書、日刊紙までのさまざまなものをデザインしている。GVに加わる前はYouTubeでリードデザイナーを務め、その前はフィードバーナー(グーグルが2007年に買収)の初期の社員だった。デザインと生産性に関する記事を、ウォールストリートジャーナル紙、ファストカンパニー誌、ワイヤード誌に寄稿している。

    ブレイデン・コウィッツ(Braden Kowitz)

    2009年にGVのデザインチームを立ち上げ、ベンチャーキャピタル企業に初めて「デザインパートナー」の役職を導入する。これまで200社を超えるスタートアップに、製品デザインや人材採用、チーム文化について助言を行っている。GVに加わる前はグーグルでGmail、グーグル・アップス・フォー・ビジネス、グーグル・スプレッドシート、グーグル・トレンドをはじめとするプロダクトのデザインを指揮してきた。

    櫻井祐子(さくらい・ゆうこ)
    京都大学経済学部経済学科卒。大手都市銀行在籍中にオックスフォード大学で経営修士号を取得。訳書に『選択の科学』(文藝春秋)、『イノベーション・オブ・ライフ』(翔泳社)、『[エッセンシャル版]マイケル・ポーターの競争戦略』(早川書房)、『0ベース思考』(ダイヤモンド社)など多数。


    SPRINT 最速仕事術

    Googleで開発され、GV(グーグル・ベンチャーズ)で洗練された究極のスピード術「SPRINT」。GoogleとGVが成功を生んできたその秘密のノウハウを、開発者自身が手取り足取り公開する。仕事に最速で最大のブレイクスルーを起こす、その画期的な方法とは? 世界23ヶ国で刊行の世界的ベストセラーの驚愕のメソッドが、いま明らかに!

    「SPRINT 最速仕事術」

    ⇒バックナンバー一覧