ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第25回】 2017年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

介護の愚痴や弱音を吐ける
相手や場所をつくる
介護と仕事を両立させる方法3

1
nextpage

なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面すると、いろいろ調べる余裕もないまま、目の前のことに翻弄されるばかり。そこで、介護認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護し、ブログ「介護に疲れた時、心が軽くなるヒント」を通じて介護する人たちの悩みを解消してきたリハビリの専門家(理学療法士)が、いざという時に困らない「介護の心を軽くするコツ」を紹介します。

<(c)清水貴子
橋中今日子(はしなか・きょうこ)
理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。

「タクシーの運転士をしていましたが、同居している母の具合が悪くなり、昼間は通院の付き添い、夜間は食事の世話やトイレ介助など、介護に追われることが増えました。誰にも相談せず、1人でがんばっていましたが、睡眠不足がたたってミスが続いてしまい…。会社に居づらくなって辞めざるを得ませんでした」

Hさん(50代男性・アルバイト)は独身で、母親と2人暮らし。

きょうだいとは離れて暮らしており、母親が体調を崩すようになっても、身近に助けてくれる人はいません。

初めのうちはなんとかなっていましたが、夜中に何度もトイレに起こされるようになってから、売上げの集計を間違えるなどのミスを連発。

通常なら夜勤明けにとる仮眠もままならず、夜は夜で睡眠を中断されるため、かなり疲れがたまっていたのです。

職場での人間関係もぎくしゃくしてきました。
決定的だったのは、大事な送迎の予約が入っていたのをすっかり忘れてしまったこと。

以来、会社に居づらい雰囲気になり、退職願を出しました。
運転中も眠気がとれず、このままでは事故を起こしかねないという不安もあったからです。

退職する際、所長に母の介護をしていると話したら、「ひとこと言ってくれれば何とかなったかもしれないのに…」と同情されました。

タクシー業界は、勤務時間がある程度、自分で設定できるので、介護をしている人が多いそうです。
実際、Hさんの営業所でも数人の同僚が介護中ということでした。

それを知っていれば、会社にも相談でき、協力を仰げたかもしれません。

現在はいろいろなサービスを利用して介護を続けながら、タクシー会社への復帰を目指して話し合いを進めています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  孤独 , うつ , 愚痴
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧