ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

震災復興・空洞化・高齢化対策のヒント満載!
富山市“お団子と串”のコンパクトシティ戦略
先進的路面電車網が可能にする「まちづくり」革命

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第81回】 2011年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 国土交通省が平成24年(2012年)度に試験車両導入を進めている「超小型モビリティ」。軽自動車と自動二輪車の中間の規格として誕生する可能性が高い。本連載では第79回でその全体像を、第80回で愛知県豊田市の取り組みを紹介した。筆者は現在も超小型モビリティに関する取材を全国の産学官を対象に、さらには海外の事例まで広げて多角的に行っている。

 そうしたなか、取材先でよく耳にする言葉がある。それは「富山がやっているように…」だ。だが、実際には富山県も富山市も国交省の超小型モビリティの実証実験には参加していない。また、経済産業省が推進する「EV・PHVタウン構想」にも富山県は参加していない。

 では、「富山は何をしている」のか?

 その答えは、富山市のLRT(ライトレール・トランジット/先進的な路面電車)を活用した「コンパクトシティ」施策だ。詳しくは後述するが、同市ではこれを「お団子と串」の都市構造と呼ぶ。

 JR富山駅前の車道の中央部に「電停」がある。そこには古い市電と真新しい路面電車が出入りする。2009年12月23日に、富山軌道線(大学前⇔南富山駅/全長6.4km)の中で市内中心部を周回する環状線/セントラム(全長3.4km)部分をLRT専用に開設したためだ(以下、新しい路面電車をセントラムを呼ぶ)。

 実際に富山のセントラムに乗ってみた。車両の製造元は、全国各地のLRTや東京の「ゆりかもめ」「日暮里・舎人ライナー」など新交通システムの製造で知られる新潟トランシス社だ。

 セントラムはワンマン運転。運賃は後払いで200円均一である。

 走行ルートの前半は、富山県庁や県警本部近くのビジネス街を走る。富山は戦災により戦前の街並みは消失し、戦後は防火帯を広く確保した。そのため富山市内の主要道路の幅はかなり広い。そしてセントラムは、富山城址公園に沿って走り、丸の内電停の先で左折。ここからの約940mが富山軌道線に対して延長された部分だ。

富山市内平和通りを走行するセントラム。ここは旧「西部線」が73年まで路面電車として走行していた。

 しかし実際には、1973年3月31日に廃止された西部線の一部を活用している。その後、富山城と富山国際会議場に挟まれた大手町交差点を右折。この周辺は富山市民プラザもある大手モール地域だ。

 さらに、越前町交差点を左折し平和通りへ。ここは戦前から戦後にかけて富山市の中心繁華街として栄えた、総曲輪(そうがわ)地域である。ここには大和百貨店を核とした商業施設、グランドプラザ(2007年9月17日に開業)がある。

 その後、セントラムは西町交差点を左折して富山軌道線に合流し、富山駅方面に向かう。その間、昔ながらの商店街と商業街が続き、各電停周辺にはカフェや美容室が立ち並ぶ。ちなみに、その多くは、閉店・閉鎖していた店舗を新たに改装したものであるようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧