ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド特別レポート「ここまで効く!ガン治療薬最前線」

ガン種別最新動向(1)
胃ガン/肺ガン

週刊ダイヤモンド編集部
【第2回】 2011年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

再発・転移に光明
胃ガン(2005年の罹患数11.7万人 1位)

 胃ガンは、早期発見かつ転移がなければ、ガン病巣を切除する手術が、治療の基本となる。この場合、治療の効果を測定する「5年生存率」は90%以上と、治療実績は高い。

 また近年、術後に経口剤「TS-1」を1年間服用することで、再発率や死亡率が下がることが証明されている。

 胃ガンで抗ガン剤などを用いる化学療法が中心となるのは、比較的厄介なケースである。

 たとえば、胃から離れた部位に転移があるか、術後の再発、または手術で病巣が取り切れなかった場合などがこれに該当する。

 胃ガンが再発や転移をしたときは、TS-1を単独で服用するか、または抗ガン剤「シスプラチン」を併用するのが、現在有力な療法とされている。それ以外のクスリも含めて、現在、胃ガンの治療薬として認められているのは、正常細胞にまでダメージがある従来型の抗ガン剤のみだ。

 しかし、いよいよ胃ガンでも“個別化”治療が始まりそうだ。というのも、乳ガン治療薬としては広く使われているハーセプチンが、胃ガン治療にも使えるようになったからだ。

 ハーセプチンは、既存の抗ガン剤療法との併用で、進行・再発胃ガン患者の生存期間の延長が確認されている。対象となるのは、乳ガンと同じく、HER2と呼ばれるタンパクが、ガン細胞の表面に過剰に現れている、進行・再発胃ガンの患者。全体の2割程度を占めるといわれ、高い効果が期待されている。

次のページ>> 注目の肺ガン治療薬
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド特別レポート「ここまで効く!ガン治療薬最前線」

日本人の2人に1人が発症し、いまや“国民病”といわれるガン。その治療法として近年、抗ガン剤などを用いた化学療法の進歩が著しい。ガン種別のトレンド療法と期待の最新治療薬を追った。

「週刊ダイヤモンド特別レポート「ここまで効く!ガン治療薬最前線」」

⇒バックナンバー一覧